医療機関提携

  1. 花みずきカイロプラクティック院HOME
  2. 当院案内
  3. 医療機関提携

診療時間・休診日

当院は医療機関と提携しております。より安全に、より正確にカイロプラクティックの施術を行うには、レントゲン解析は必要不可欠です。

現在は症状がきつい方・歪みが複雑な方など、限られた方にお願いしておりますが、将来的には全ての患者さんにレントゲン解析を取り入れたいと考えております。
しかし、レントゲンに頼りすぎてしまいますと、主原因を見逃す事になり兼ねないので、視診・触診・可動検査・神経圧迫測定器など、身体からの声で原因を特定し、レントゲンはあくまでも補助的に使用致します。

レントゲンが必要な理由

どういう歪み方をしているのか確認する為
どの骨がどの方向にズレているのか?
数値的にどれくらいズレているのか? 
正常のカーブ(生理的弯曲)と比較してどうか?
など確認します。
どれだけ進行しいるのか確認する為
どの骨がどの方向にズレているのか?
数値的にどれくらいズレているのか? 
正常のカーブ(生理的弯曲)と比較してどうか?
など確認します。
どういう歪み方をしているのか確認する為

ズレている骨を全部矯正すればいい訳ではなく、〝矯正しないといけないズレ〟と〝補正のズレ〟があります。

又、症状を改善していくには矯正の順番があり、症状と関連付けてどの骨から矯正していくか判断します。

症状によっては、最初は1箇所の骨に絞って矯正をしていきます。

どれだけ進行しいるのか確認する為

先天的な原因や成長過程での外傷などによって奇形は多く存在します。

背骨の数が1つ多かったり又は少なかったり、隣接する骨同士が融合(くっつく)しまっていたりと様々です。

奇形はレントゲンでしか確認する事ができません。奇形が症状の主原因となっている場合もあります。