当院案内

花みずきカイロプラクティック院は2005年7月8日に島田市旗指にて開業し、12周年(2017年現在)を迎える事が出来ました。
島田市をはじめ、近隣の藤枝市、焼津市、静岡市、牧之原市、吉田町、掛川市などからも多く御来院頂いております。
おけが様で最近ではご紹介により、神奈川県、愛知県、千葉県、東京都、大阪府など、県外の患者さんも増えて来ました。
2013年、より良い環境でカイロプラクティックを提供したく、島田市元島田に移転致しました。
当院1階では、院長・副院長による2名体制でのカイロプラクティックケアを行い、2階では、『姿勢分析ブース』や『頭蓋骨セラピーブース』、『オーダーメイドインソール提供ブース』などを設け、充実した設備で患者さんの根本的改善に向けてサポートさせて頂いております。

医院名
花みずきカイロプラクティック院
住所
〒427-0057  静岡県島田市元島田9212-3
電話番号
0547-35-6744
休診日
日曜・祝日
営業時間
9:00~19:00

院長ごあいさつ

みなさんカイロプラクティックって知ってますか?
初めて耳にする方もいるかと思います。聞いた事はあるけど、何だか解らないって方も多いかと思います。

まだまだ、カイロプラクティックは世間に浸透していません。私もこの世界に入るまでは、カイロプラクティックと整体の違いすら解らずにいました。カイロプラクティックを勉強すればする程、奥の深さを実感しその魅力にはまってしまいました。そんなカイロプラクティックへの情熱を少し書いてみました。

最初に断言します。カイロプラクティックはとても素晴らしいものです。これからの日本を支える予防医学です。

なぜなら、カイロプラクティックは症状を改善する以外にも、様々な病気を未然に防ぐ事も出来るからです。

世界の発明王、トーマス・エジソンが残した「未来の医学」に関する予言的な言葉があります。
『未来の医師は薬を用いないで、人体の骨格構造・栄養・そして病気の原因と予防に注意を払うようになるだろう。』
The doctor of the future will give no medicine but will interest his patients in the care of the human frame, in diet, and in the cause and prevention of disease. (Thomas Edison, 1847-1931)

これはまさにカイロプラクティックの事を指しているのではないか!!と、この業界では昔から話題になっている有名な言葉です。
目に見える物しか判断できない私達と違い、無物を創造する発明王エジソンだからこそ、薬害や副作用のリスクが高い薬による治療ではなく、骨格を矯正するカイロプラクティックで病気の原因を取り除き、予防することの重要性を認識していたのではないかと・・・。

もし私が、腰痛やヘルニア又は手足のしびれに悩まされたら、直ちにカイロプラクティックを受けます。
もし私が、胃や腸などの内臓の病気を患っても、間違いなくカイロプラクティックを受ける事でしょう。極端な例ですが、ガンと宣告されても私は迷わずカイロプラクティックを受け自然治癒力に頼ると思います。たとえ病院での治療が必要になっても、カイロプラクティックを並行で受診し、ガンと戦う事でしょう。

それ程、私はカイロプラクティックに惚れ込み、この仕事をしています。
カイロプラクティックこそ人間の創造に基づく、副作用のない確実な治療方法だと考えます。
まだまだこの地域では、カイロプラクティックは普及しておらず認識も様々です。
私が施術を通じてカイロプラクティックの素晴らしさを患者さんに伝えていかないといけません。これは使命です。

カイロプラクティックには正しい検査が必要です。
カイロプラクティックには正しいアジャストメントが必要です。
カイロプラクティックには正しい来院周期が必要です。

より多くの皆さんカイロプラクティックを受けて頂き、カイロプラクティックの素晴らしさを知って頂きたいと願っております。

院長プロフィール

院長

孕石尚志

昭和48年7月 島田市出身
家族構成:妻、娘

履歴History
2005年7月 花みずき整体院を島田市旗指に開業
2012年1月 花みずきカイロプラクティック院へ屋号変更
2013年4月 島田市元島田へ移転
学歴Education
シオカワスクール ガンステッド学部修了(10年継続)
シオカワスクール ガンステッド インターメディエイト学部修了
シオカワスクール トムソンテクニック修了
シオカワスクール ターグルリコイルテクニック修了
シオカワスクール タイトロンC-3000修了
シオカワスクール パルペーション教室修了
GMI国際セミナー修了(全6回)
ストレートカイロプラクティック修了
アクチベーター ベーシック・アドバンス修了

恩師の紹介

カイロプラクティック界のパイオニアである塩川満章D.C.はじめ、塩川治療院院長の塩川雅士D.C.、ウエル イネイト ライフ カイロプラクティックの塩川貴士D.C.や本場アメリカの一流の講師陣より直接カイロプラクティックを学ばせて頂きました。
現在でも毎月東京に足を運び、知識・技術の向上に努めております。すべては患者さんの笑顔の為に・・・・

塩川満章D.C.シオカワスクール オブ カイロプラクティック学長
日本カイロプラクティック・リサーチ協会(JCRA)会長
塩川満章D.C.
1972年、米国パーマー大学卒業。
卒業後ベネズエラに渡り、カイロプラクティック・クリニックをベネズエラで初めて設立、将軍・国会議員に認められ、私設外交官として第一人者の地位を確立。
その後、日本へ帰りカイロプラクティック・クリニック、カイロプラクティック・スクールを設立し、日本のカイロプラクティックの発展に貢献する。
また、ブラジルにもカイロプラクティック・クリニックを設立し、その発展に大いに貢献したことから「大十字賞」を受賞する。
1987年、ソウル・アジア大会にカイロプラクターとして、選手団の治療に関与、それに対してI.C.A(インターナショナル・カイロプラクティック・アソシエイション)から表彰される。
1992年、バルセロナオリンピック・オマーン国公式カイロプラクターを務める。
塩川雅士D.C.塩川カイロプラクティック
治療院(新橋)院長
塩川雅士D.C.
17才で渡米、2004年パーマーカイロプラクティック大学を優等で卒業。
D.C.の称号取得。米国ナショナルボード合格。
現在、全国各地で講演・セミナー活動を精力的に行う。
アメリカ・パーマーカイロプラクティック大学卒(アイオワ州)
米国連邦政府公認D.C.
塩川貴士D.C.ウエル イネイトライフ カイロプラクティック(赤坂見附)
塩川貴士D.C.
1999年に渡米。2001年に、パーマーカイロプラクティック大学に入学し、本場のカイロプラクティックを学ぶ。
2004年、同大学卒業。D.C.を取得。
現在、全国各地で講演・セミナー活動を精力的に行う。
アメリカ・パーマーカイロプラクティック大学卒(アイオワ州)
米国連邦政府公認D.C.

私がカイロプラクターになった理由

私がカイロプラクターになった理由私は過去にギックリ腰がきっかけによる慢性腰痛に悩まされていました。
整形外科や色々な接骨院・整体などをまわりましたが、なかなか腰痛は良くなりませんでした。
整形外科では骨には異常はないという事で痛み止めと湿布をもらい、接骨院ではカルシウム不足が原因だからとサプリメントを購入しました。
整体にいっても、これという原因の説明はなく、時間の殆どはマッサージで、矯正も検査もしないで左右にボキボキとひねるだけ…。
通ううちに段々と症状の話から離れ、世間話になっていき、ここでは治らないなと感じながら治療を受けていました。
一向に腰の状態が良くならない私は、自分の腰痛の原因は何か?と調べるようになり、カイロプラクティックの分野に興味をもちはじめました。
色々な治療院を渡り歩いているそんなある日、東京新橋にある塩川カイロプラクティック治療院にて塩川満章D.C.のカイロプラクティックを受ける機会がありました。

これは本当にすごかった!職人芸の一言。

アジャストメントの瞬間、全身の血が一気に流れ、イネイトインテリジェンス(先天性治癒力)が一瞬にして働き、目から涙が溢れ出しました。(この時に出来事は今でも鮮明に覚えています)
これだ!この技術を学びたい!と決意した瞬間でした。
それからすぐに、塩川満章D.C.が学長を務めるシオカワスクール・オブ・カイロプラクティックにお世話になる事になり、現在でも積極的にシオカワスクール主催のテクニックセミナーや国際セミナーに参加し、カイロプラクティックの哲学・科学・芸術を継続的に学んでいます。

多くの患者さんは本当のカイロプラクティックをまだまだ理解されていません。
私は臨床を通じ、正しいカイロプラクティックをお伝えし、自分自身の健康に向き合って頂き、素晴らしい健康生活を送って頂けたらと思っています。
これが私の使命です。

私がカイロプラクターになった理由

10年後の自分を想像してみましょう

10年後の自分を想像してみましょう10年後の自分って想像したことありますか?
果たして10年後の自分は健康でいられるでしょうか?
私は多くの年輩の患者さんを診ていますが、相当症状が悪くなってから私のところにいらしています。
姿勢を変えるのに困難だったり、歩行が困難だったり、しびれがずっと続いていたり・・・・

これらの症状は老化だけが原因ではなく、痛みどめに頼り、骨のズレをずっと放置していた事が大きな原因です。
レントゲンで薄く潰れてしまった椎間板を見て、皆さん口を揃えて言います。「もっと早く来れば良かった」と・・・。
私は皆さんにそうなってほしくないのです。
まだ健康なうちに、まだ症状が軽いうちに出来る事がいっぱいあります。

10年後、健康に過ごす為には、若い今のうちに生活習慣を改める必要があります。
運動・栄養・休息・カイロプラクティック この4つの要素はとても重要です。
これら4つをバランスよく保つことで、最高の健康を手に入れる事が出来るでしょう。健康は当たり前ではありません。
10年後の健康を手に入れるのはあなたの行動次第です。一緒にがんばりましょう。

10年後の自分を想像してみましょう

スタッフ紹介

副院長

森優太

高知県生まれ愛媛県育ち

学歴Education
愛媛県立今治西高等学校卒業
立正大学 経済学部卒業(東京)
シオカワスクール オブ カイロプラクティック本科 優等にて卒業
シオカワスクール ガンステッド学部 継続受講中

こんにちは。森優太です!

私は、大学生をしながらWスクールで、カイロプラクティック界のパイオニアである塩川満章D.C.が学長を務めるシオカワスクール・オブ・カイロプラクティックにて、2年間みっちりとカイロプラクティックを学んできました。
在学中も毎日深夜まで仲間とテクニック練習にあけくれ、休日は友人・知人・家族などを相手に臨床を重ねてきました。
やればやるほど、カイロプラクティックの素晴らしさやカイロプラクティックの奥深さを感じています。

小学4年生から野球をはじめ、夢は甲子園でプレーすることでした。
しかし、高校2年の夏に椎間板ヘルニアを患い、自身が所属していた野球部は甲子園に出場しましたが、ベンチ入りすることもできず、甲子園でプレーしたいという夢は叶いませんでした。
この時、カイロプラクティックと出会い、健康である重要性を痛感しました。

このような経験をしたのもあって、
「私のように体を壊して夢にチャレンジできなくなる人を一人でも減らしたい」また、「自分と同じような境遇の人を助けたい」という強い思いでカイロプラクティックに取り組んでいます!

恥ずかしながら、シオカワスクールに入学する前は、"カイロプラクティックとは、ヘルニアなどの背骨のトラブルにとても効果のある整体のひとつ"くらいの認識しかありませんでした。
シオカワスクールでカイロプラクティックの哲学を学び、"カイロプラクティックとは脳と身体の各機関をつなぐ神経の流れを100%にする事で、身体全体の調和・機能を高めるものである"という事を理解していく中で視野が広がり、カイロプラクティックの持つ可能性の大きさに引き込まれていきました。

単に痛みや症状を取り除く治療家になるのではなく、人が持つ可能性、イネイトインテリジェンスが持つ可能性、カイロプラクティックの可能性を多くの人に伝え、多くの人に希望を与える事が出来るカイロプラクターになりたいと思っています。
私を指名して頂いた患者さんの為、一生懸命がんばりますのでよろしくお願い致します。

カイロプラクティック・アシスタント

孕石浩乃

カイロプラクティック業務のアシスタントと頭蓋骨セラピーを担当しております。
私もアシスタントとして受付にいる事が多いですが、ギックリ腰であんなにきつかった方がスタスタ歩いて帰る姿をみたり、「ここに来て本当に良かったぁ」と涙ぐんで喜ばれた方をみたりすると、カイロプラクティックってやっぱり凄いんだなぁと身近で感じております。
私も微力ながらカイロプラクティックの素晴らしさをお伝え出来ますので、何かお悩みの事がございましたら、是非私に声を掛けて下さい。

2015年3月、塩川スクールにて頭蓋骨セラピーの資格を取得しました

2015年3月、塩川スクールにて頭蓋骨セラピーの資格を取得しました

page top