新着情報

石垣島ラー油って知ってますか!?
このラー油、やっと手にいれました。

この石垣島ラー油は、ラー油作りを楽しみとしていた島民の辺銀暁峰(ぺんぎん ぎょうほう)・愛理(あいり)夫婦が、具材を食べるタイプのラー油を開発し、2000年(平成12年)、石垣島にて開催されたイベントで販売したのが始まりみたいです。以来、好評を博し、沖縄県石垣市石垣島にて辺銀夫婦が営む店「辺銀食堂(ぺんぎん しょくどう、ペンギン食堂)」で作られることとなりました。 芸能人はじめ、日本全国に愛好者がいますが、生産量と販売店の少なさから事情通の間では「幻のラー油」とも呼ばれています。

冷やし中華などにかけて食べるとかなり美味しいらしいです。またいつか食した時、レポートしますね(たぶん)。
ところで、ペンギン食堂のペンギンって苗字だったんですね・・・。沖縄ってすごい!

page top