新着情報

尊敬する、あるカイロプラクティックの先生のブログより。


治療家には 「過度の愛想」 は必要ではありません。

必要なのは「僕が必ず治す」 と言う、「気迫」 と 「正しい医学的知識」 です。

なぜならサブラクセーションとは愛想や優しい言葉では完治しません。

ご存知の様にサブラクセーションを治すには、確実に目的とする椎骨を元の位置に戻さない限り

身体に対し悪影響を与え続けます。

流石です。
その通りです。
胸に響きます。


治療の回数が重なるうち、つらい症状の話からいつの間にか趣味の話や世間話に・・・。
これではダメですよね。
でも実は私もそうだったかもしれません。昔の整体時代の時は・・・。


今は、症状に向き合い、サブラクセーションを探す事に徹底しています。
ですので、あまり世間話はしていません。というか出来ません。


まだまだ未熟なので、集中して神経を研ぎ澄ませないと悪いところを見つける事が出来ないからです。
もっと自分に余裕が出てくれば、変わってくると思いますけど今はごめんなさい。


施術中まじめに映っていますよね~きっと。でも、本当は違うんですけどね。
世間話もいっぱい話したいです。
施術が終わったらいっぱい話をしましょう。


でも、裏テクニックとして、矯正時患者さんをリラックスさせる目的で話題をふる事はやってますけどねおすまし


花みずきカイロプラクティック院

page top