新着情報

以下のような記事が本日YAHOOニュースに出ていました。

“熱い”夏のアルコール商戦 キーワードは「氷点下」 だって。

怖い怖い・・・。

こんな氷点下商品、興味はあるけど私は絶対いらない。

身体を冷やしすぎると免疫力、治癒力は低下します。

内臓を冷やすと本当に良くない。

特に子宝を求める方には・・・。

夏でも北の食物(北の食物は身体を温め、南の食べ物は身体を冷やす)を取るのがベストです。

妊娠中の方も同じです。

妊娠中の方は、冷えたものは食べずに、足元はエアコンに負けないように冷やさない事です。

サンダルNG。靴下2枚と靴で大事な時期を乗り切ってください。


2013年7月15日 YAHOO記事

“熱い”夏のアルコール商戦 キーワードは「氷点下」

猛暑の今年のアルコール商戦は、冷たさを超えた「氷点下」がキーワード。各社は「普通に冷やしただけでは需要を取り込めない」と新たな飲み方を追求し、熱い商戦の一方で商品は冷たさを増している。

 氷点下ビール「スーパードライ エクストラコールド」で氷点下市場を切り開いたアサヒビールは8日から、「ブラックニッカ」の“氷点下ウイスキー”が飲める期間限定バーを東京・六本木にオープン。18日から、大阪でも営業する。

 専用サーバーでマイナス15~18度に冷やしたストレートや0度以下のハイボールがあり、同社は「マイナス18度まで冷やすととろみが出て、まろやかな味わいになる」と、新たな需要創出を狙う。

 ライバルのキリンビールは主力のビールで対抗。今月から、マイナス5度で凍らせたフローズン状の泡をのせる飲食店向けの「一番搾り フローズン〈生〉」に新メニューを追加した。トマトジュースやリキュールなどで割ったビアカクテルの上に、凍った泡をのせる「フローズン〈ビアカクテル〉」を提案。黒生の「一番搾り スタウト」に大量の氷を入れる「一番搾り アイススタウト」も投入し、「とにかく冷たさにこだわった」(同社)。

 サントリーは、カリフォルニアワイン「カルロ ロッシ」を氷で割った“ロッシ ロック”の取扱店を1万5千店に拡大。関西の酒造会社11社で組織する「日本酒がうまい!推進委員会」は、グラスいっぱいの氷に日本酒を注いで飲む「日本酒ロック」を打ち出している。

花みずきカイロプラクティック院

page top