2013年8月アーカイブ

2014年のホームページリニューアルに向けて、患者さんの喜びの声を集めております。

まだまだ、正しいカイロプラクティックの理解は広まっていません。

皆さまの声で沢山の患者さんを救ってあげれるかもしれません。

人生をあきらめていた人に希望を与えてあげれるかもしれません。

お手数お掛け致しますが、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

既に、ぞくぞくと集まっていますよ!

ありがとうございます。

ビックリした会話


妻「なんか首が痛いんだけど…」

私「どうした?朝から?」

娘4歳「サブラクセーションじゃない?」

妻と私「爆笑」

教えた訳でもないサブラクセーションって言葉。
子供は聞いてるんですね。


最近、患者さんの訴える症状が変わってきました。

今までは、痛みやしびれがほとんどでしたが、
昨日の患者さんは、じんましん、逆流性食道炎、夜尿症・・・。

正しいカイロプラクティックの考え方が徐々に広まってきた証拠かな。

カイロプラクティックは痛みやしびれを取る事は目的では無く、

サブラクセーションという神経圧迫の箇所を矯正する事が目的です。

サブラクセーションによって、さまざまな内臓疾患も起こります。

薬では症状は治りません。

薬は症状を抑えるだけ。

臭いものにふたをしているだけ。

身体をなおしているのは自分の脳、つまり自然治癒力なのです。

だから、カイロプラクティックでは肩が痛いと言っても、肩はさわりません。

ひざが痛いっていっても膝も触りません。

カイロプラクティックの事、時間があればいくらでもお話致します。
ご来院時に是非質問してください。

花みずきカイロプラクティック院

9月28日~29日まで国際セミナーに参加致します。
この為、28日(土)と30日(月)はお休みさせて頂きます。
しっかり勉強してきます。

ご不便お掛け致しますが、ご了承下さい。

以下、セミナー紹介文

GMIは1968年にラリー・トラキセルD.C.によって作られたガンステッド・テクニック教育機関です。
トラキセルD.C.は、C.S.ガンステッドD.C.から直々に理論、テクニックを学びました。
1977年にガンステッドD.C.によって上級者向けのアドバンスセミナーを計画し、そのセミナーの講師として4人の優秀な先生が選ばれました。

その1人がトラキセルD.C.でした。GMIでは、インターン制度をとり入れ、学生の教育、そしてガンステッド・テクニックの継承を約41年間続けています。現在では、1000人以上もの人が、このインターン・プログラムを卒業し、全米でガンステッド・テクニックを広めています。

今回の講師であるロン・ディオットD.C.は塩川満章D.C.とパーマ大学時代の同級生でもありました。共にパーマ大学ではトラキセルD.C.によりガンステッド・テクニックを学びました。その後、ロン・ディオットD.C.はGMIの理事長として就任していました。

1日目
「サブラクセーションのさらなる追究」をコンセプトにして、GMIの長い臨床経験から独自の「5つの評価」を学びます。また、レントゲンが無い中でサブラクセーションの評価方法を学びます。

2日目
ガンステッドD.C.から直接学んだディオットD.C.により、GMIの長い臨床経験から得たアドバンス的なケース・マネージメントを学びます。また、ガンステッド・テクニックの四肢について学びます。


セミナーもそうですが、色々な先生と熱いトーク(飲み会?)が楽しみだぁ。


花みずきカイロプラクティック院

Lineとフェイスブックはじめました。

流行り物には、あまりのりたくないと勝手に思い込んでいまして・・・。

やれば楽しいですね。

しかしプライバシーなど怖い部分もあります。

ほどほどに楽しみたいと思います。

ストレスはやっぱり天敵。

身を持って体感しております。

肩こりスゲー。

腰も重い。

ストレスのない生活にしたいものですね。

昨日は家族で御前崎みなと祭りに行ってきました。

今年で3回目。

恒例行事になってきました。

昼は海水浴。

夜は花火大会。

そんな流れ。

今年はラッキーな事がありました。
カツオが空から降ってきたのです。


海水浴中突然始まった、海の男の祭り「だっくら」

荒々しく、海におみこし担いで入っていく若い男衆(よっぱらい多数)

その後、餅まきが始まりました。

お餅の中には何点か当たりが入っていて、商品はなんと生のカツオ。

それが当たっちゃいました。

今年はいい事あるね。

妻がさばき(youtubeをみながら)、竜田揚げにして食べましたとさ。


帰りは大渋滞・・・。
今年は少し警備を変えたようです。
やられた・・・。

以下の通り夏季休暇を頂きます。

ご不便お掛け致しますがご了承願います。

 

8月11日(日)~14日(水)