新着情報

椎骨と椎骨の間にはクッションの役割を果たす椎間板があり、その椎間板により神経の通り道である椎間孔を健全に保っています。この椎間孔から神経が枝のように分岐しているので、この椎間孔の健全さが重要になる訳です。


イメージ

脊椎分離すべり症・感染症脊椎炎・圧迫骨折・脊柱管狭窄症・脊椎腫瘍など神経圧迫を起こす原因は色々ありますが、サブラクセーションが主原因で起こる神経圧迫には主に3つあります。

【原因1】サブラクセーションによる椎間板の変形
【原因2】サブラクセーションの退化による椎骨の骨棘化
【原因3】サブラクセーションの退化による椎間孔の狭窄


イメージ

又、その他の原因として椎間板ヘルニアがあります。
これは椎間板の中にある髄核が繊維輪を破り飛び出し、それが神経を圧迫している状態です。
ヘルニアになってしまった背景もサブラクセーションが潜んでします。患部もしくはその周辺にあるサブラクセーションが原因となり、椎間板に過負荷が掛かり髄核が飛び出してしまった為に発症します。

page top