新着情報

サブ(sub)ラクセーション(Luxation) 直訳すると"脱臼以下の関節のズレ"の事です。

サブラクセーションしている箇所は存在しても4箇所程度です。その他は補正のズレ(カンパンセーション)となります。サブラクセーションが起こると椎骨は可動性を消失し、神経圧迫を伴います。

サブラクセーション=骨のズレですが、広い意味でサブラクセーション=神経圧迫とも表現できます。
カイロプラクティックでは患者さんの訴える症状を取り除くのではなく、このサブラクセーションを取り除く事を目的に施術を行っています。

カンパンセーションは、サブラクセーションによって起こる補正の歪みなので矯正の対象外となります。サブラクセーションを矯正する事で、カンパンセーションによる歪みは自然に改善されていくからです。

「ボキッ」ていう矯正音、サブラクセーションの箇所を矯正した時は比較的小さめの音ですが、カンパンセーションを矯正した時は逆に大きな音が鳴るのも特徴です。

サブラクセーションか?カンパンセーションか?の判断は、主にレントゲン解析を使用します。レントゲンによって写し出される歪みの全体像や、サブラクセーションの進行度から導き出していきます。

右にサブラクセーションとカンパンセーションの関係を図解しました。第2腰椎で最初のサブラクセーションが起こっています。それを水平に戻そうと第8胸椎で補正しています。これがカンパンセーションになります。

その上の第6胸椎においても、サブラクセーションが起きています。それをまた水平に戻そうと第4胸椎で補正をしています。この補正もカンパンセーションになります。

第2腰椎のサブラクセーションを改善すれば、自然に第8胸椎のカンパンセーションは改善していきます。
逆に第2腰椎のサブラクセーションを見逃し、第8胸椎ばかり矯正しても第8胸椎はいっこうに改善していきません。
また第2腰椎のサブラクセーションを改善しても、第6胸椎のサブラクセーションは別の歪みなので、自然には改善していきません。第6胸椎は別途矯正が必要になります。
これがサブラクセーションとカンパンセーションの関係になります。

page top