新着情報

骨のズレを放置すると、悪化します。

骨のズレって本当は言いたくなくて、でもあえて解りやすく伝える為に、HPでもそう表現しております。

骨のズレはカイロプラクティック専門用語では、サブラクセーションといいます。

サブラクセーションは英語直訳で、ほぼ亜脱臼といいます。

骨の傾き(変位)によって、骨と骨の間にある椎間板がふくれ、神経を圧迫している状態です。

この現象がおこると、骨は正常の可動を消失します。

骨の可動が消失すると、椎間板への水分・栄養分の供給が少なくなり、80%が水分で出来ている椎間板は、枯れていきます。

その状態を放置すると、椎間板は1年毎減衰し、やがてショックを吸収する事が出来なくなり、骨自体に骨棘が形成されていきます。

そうなれば、痛みはひどくなるし、ほぼ毎日痛みが出るようになってしまいます。手遅れです。

神経の圧迫は、痛みやしびれが起こるだけではなく、その同じ神経によって身体は脳によって動かされています。

身体は脳によって、このような事が行われています。

熱いところ寒いところ気圧が高いところなど身体を様々な環境に適応させたり、悪い細胞が出来たらキラーT細胞・マクロファージを送りやっつけたり、その瞬間瞬間に必要なホルモンを分泌したり、様々な働きが神秘的に行われています。

骨のズレ(サブラクセーション)を放置すると、この働きが出来なくなるんですよ!

結果として、健康を害します。

薬では神秘的な身体を制御する事はできません。

身体を正確に制御できるのは、自分自身にある脳、イネイトのみです。


本当に大事なのはなんですか?
仕事ですか?お金ですか?遊びですか?   

健康じゃないでしょうか?

健康になるのはあなた次第です。

HPもご覧ください→放置するとどうなるの?

page top