新着情報

皆様、新年あけましておめでとうございます。
いつも当院をご愛顧頂きましてありがとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

年末は家族と山梨へスキー旅行に行ってきました。
例年になく暖冬のようで、雪も少なくゲレンデはハゲ山でした。
でもそれなりに楽しめました。

年初は、元旦マラソン、遅めの大掃除、実家へ挨拶、友人と新年会等々、色々と用事がありあっという間の連休最終日です。
今日は出勤で、確定申告に向け税金関連の事務仕事をボチボチとやっていきます。


↑友人です。

さて、昨年9月より、当院の予約システムが変わり、「不便になった」「ネット予約の方がいい」「症状が変わっていないのに何故2枠とって再問診するのか?」など色々なご意見を頂きましたが、本年もブレず全く変えるつもりはありません。
今年も”お会計時にご予約をお取り頂き帰って頂く”か、”お電話でご予約頂く”システム、そして180日以上経過した方には、2枠設け改めて詳細の問診・検査・カウンセリングをやらせて頂きます。

このような声を頂く原因は、すべて私にあります。
それは、カイロプラクティックの事、サブラクセーションの重大性をしっかりご理解頂けていない、私の責任にあります。
今年の目標は、既存の患者さん含め、多くの方にカイロプラクティックをより深く理解して頂く事をやっていきたいと思います。
ご理解が深まれば、「患者さん主導で症状のある時にだけ予約をする」っていう考えが無くなるのではないかと思っております。

詳細な説明です。

当院は痛みしびれなどの症状を治すだけではないからです。

当院は、サブラクセーションという神経圧迫を改善し、患者さんの自然治癒力の向上や運動機能の向上、生理的機能の向上を図る事を目的にやっております。
この理念こそ、本当のカイロプラクティック院です。

神経を構成するわずか10%が感覚神経、つまり痛みやしびれを伝えているのです。
他の45%は運動神経、残りの45%は自律神経、内臓に繋がっています。

サブラクセーションが、どの部位に、どれくらい期間続いていて、どのような影響を身体に起こしているのかを、レントゲンなど様々な科学的な機器を使い分析していきます。

それを基に、その方のサブラクセーションを改善する為に、これくらいの頻度でアジャストメント(矯正)する必要があるかをしっかり患者さんに伝え、改善に向けてコーディネートしていくのです。

腰痛は腰痛かもしれませんが、私たちカイロプラクターはもっと先をみています。
腰痛が治ればいいのではなくて、サブラクセーションを改善して、神経伝達が正常に整い、運動機能も自律神経機能も100%に近づくようにお手伝いする仕事です。
運動機能が正常に働かなければ正しく動く事が出来ません。
自律神経機能が正常に働かなければ病気になります。

一言でいうと、健康へのサポーターなのです。

ここまでお伝えして、どうでしょう?

患者さんの症状が出ているタイミングで予約をしてそして治り、また痛みなどの症状がでたら予約する。
これでいいのでしょうか?

痛みを伝える感覚神経はわずか10%に過ぎないんですよ。
痛みがなければ健康ではないのです。


私たちカイロプラクターはこんな仕事です。
是非、正しくカイロプラクティックご理解頂き、正しく使って頂けたらと思っております。
カイロプラクティックを正しく広めていく為に、私は頑張ります。

今年もGMI国際セミナー、ロン・ディオットD.C.テクニックセミナー、小児セミナー、ガンステッドセミナーなど、研修の予定が詰まって来ました。
自分の技術、知識を磨き、患者さんに還元出来るように頑張ります。

静岡県一番のカイロプラクター、カイロプラクティック院の地位を築く為、今年も突き進みます!!

page top