新着情報

本日9月18日はカイロプラクティックの121歳の誕生日です。
1895年ダニエルデビットパーマーが、召使いのハービーリラードの難聴をカイロプラクティックのアジャストメントで改善したのが始まりです。

今日まで歴代名カイロプラクターにより、発展してきました。

これだけ長く続いているのは、本当に効果の高い治療方法だという事でもあります。


しかし多くのカイロプラクティック院は、本当のカイロプラクティックをやっていない悲しい現実もあります。(ほとんどは整体だと思います)
患者さんの症状が改善すれば結果的にいいかもしれませんが、カイロプラクティックと看板を掲げる以上、正しいカイロプラクティックを患者さんに提供し、伝えていく義務があるかと思います。

そして本日9月18日は、副院長森優太の誕生日です。
カイロプラクティックをやる為に生まれて来たと言っても過言ではありません。
患者さんからの評判も良く、今では多くの患者を診ています。
若いのに仕事も真面目で私をしっかりサポートしてくれています。
褒めすぎるとあんま良くないのでこれ位に(笑)
カイロプラクティックをもっともっと好きになって大きく成長してくれたら嬉しいです。
応援しています。

page top