新着情報

自律神経とは?

 自律神経系とは、無意識下で体内の組織・臓器をコントロールする神経系です。

自律神経系には交感神経系と副交感神経系の2種類のものがあります。

交感神経系はよく「逃走か闘争の反応系」と呼ばれ、体にストレス(運動負荷や精神的なストレスなど)がかかった時に優位になります。

副交感神経系は休息と消化の反応系で、エネルギーを保存し、栄養分を補給するように働きます。

自律神経系は様々な状況に合わせて最適な体の状態にすべく、交感神経系により体を活発モードにしたり、副交感神経系により体を休息モードにしたりしています。

 

 

自律神経 安全ピンサイクル 妨害.jpg

 

 

自律神経系の調節

 交感神経系と副交感神経系のバランスは脳(視床下部)で調節されています。

まず、求心性神経によって体の内外様々な情報が脳に入力されます。

脳は入力された情報を解析し、様々な状況に適応するために交感神経・副交感神経のバランスを調節し、様々な組織・臓器に命令を出します。

そして、その命令が遠心性神経を伝って標的となる組織・臓器に送られます。

この体→求心性神経→脳→遠心性神経→体というサイクルにより自律神経のバランスは保たれ、体は正常に機能することができるのです。

 

 

自律神経が乱れる原因

 自律神経のサイクルを乱す要因は様々です。

精神的ストレスや化学的ストレス、乱れた生活習慣は自律神経系の働きの妨げになります。

そして、カイロプラクティックで取り扱うサブラクセーション(背骨で起こる神経圧迫)も自律神経系の働きを妨げる大きな要因になってしまいます。

 

 

自律神経を整えるために

 まずカイロプラクティックを受け、サブラクセーションを取り除きましょう。

その上で、精神的ストレスの解消や化学的ストレスからの脱却、生活習慣の見直しを行うことで自律神経系の正しい機能を取り戻すことができるでしょう。

page top