新着情報

コロナ感染しない為にカイロプラクティックを避けるのではなく、コロナ感染者しない為に、カイロプラクティックを受け免疫力を高める選択肢がある事を知って下さい。

 

カイロプラクティックは1895年にアメリカで誕生に、125年の歴史があります。

日本を除く先進国の殆どは国家資格であり、お医者様と同じステイタスがあります。

約100年前に世界でパンデミックが発生した時、カイロプラクティックが多くの方の命を救いました。

その記事になります。

私の尊敬するカイロプラクターの一人、塩川貴士先生の記事をシェアさせて頂きました。

少し長いですが、是非ご覧ください。

**************************************

カイロプラクティックと1918年スペイン風邪パンデミック

スペイン風邪は、1918年パンデミックとも呼ばれ、極めて多くの死者を出したインフルエンザによるパンデミックの俗称である。
1918年1月から1920年12月まで世界中で5億人が感染したとされ、これは当時の世界...人口の4分の1程度に相当した。
死者数は1,700万人から5000万人との推計が多く、1億人に達した可能性も指摘されるなど人類史上最悪の感染症の1つであった。

当時アイオワ州では50人の医師が4,953名の感染患者を治療した結果、274名の死亡者が出ました。それに対して150人のカイロプラクター、また学生が1,635名の感染患者をアジャスメントした結果、たった1名の死亡者であったことが報告されています。

同じ州の報告によると、医師が93,590名の感染患者を治療した結果、6,116名の死亡者を出し、15人に1人は命を落とした統計があります。(15人/1人)
それに対してカイロプラクターが4,735名の感染患者をアジャスメントした結果、死亡者はたった6名であった。(789人/1人)
また他の統計によると1,142人のカイロプラクターが46,364名の感染患者をアジャスメントした結果、死亡者は54名であったことも報告されています。(859人/1人)

現在コロナウィルスにより、多くの人々が感染し命を落としていますが、今から100年前にも同じウィルスによるパンデミックが発生していたのです。

そんな中当時の多くのカイロプラクターが命を救いたくさんの人々に貢献していたのです。
世界的にカイロプラクティックが広まったのもこのような危機を乗り越え、たくさんの命を救ったからなのです。

**************************************

神経の働きを整えることは身体の生理機能も整い免疫力、ホメオスタシス、自然治癒力などの身体の機能が正常に働くことができるようになります。
1975年に出された論文にはカイロプラクティックケアは免疫システムに良い影響を与えることが明らかになっています。また、神経の働きは内分泌系に影響することから、体内のホルモンバランスに影響し、免疫システムに大きな作用をもたらすことも明らかになっています。自律神経を整えることは免疫システム、また内分泌系に影響するのです。

アジャストメント受けてから48時間の間に白血球の値が48%上がることが明らかになっています。また、5年以上、アジャスメントを受けている方は免疫が200%働いたことが研究結果が発表されています。
また癌やその他の重度の疾患を患っている患者さんは定期的にアジャスメントを受けることで400%免疫が働いたことが明らかになっています。

定期的にアジャスメントを受け、身体の機能を高めることでこの危機を乗り越えていきましょう。是非、この機会にご家族の方、また大切な方へカイロプラクティックを広めてください。1人でも多くの人のために!

Stay calm and get adjusted!

参考文献
Korr IM: "Andrew Taylor Still memorial lecture: Research and Practice - a century later." J Am Osteopathy Assoc 1974 73:362.
Murray DR, Irwin M, Reardon CA, et al. "Sympathetic and immune interactions during dynamic exercise. Mediation via a beta 2 - adrenergic-dependent mechanism." Circulation 1992 86(1): 203
Riley, G.W. Osteopathic Success in the Treatment of Influenza and Pneumonia. American Osteopathic Association - Chicago Session. July 1919. Journal of the American Osteopathic Association, August 1919.
Riley, G.W. Osteopathic Success in the Treatment of Influenza and Pneumonia. American Osteopathic Association - Chicago Session. July 1919. Journal of the American Osteopathic Association, August 1919. Special Reprint Journal of the American Osteopathic Association, Vol. 100. No. 5, May 2000.
Noll, DR., Shores, JH., Gamber, RG. Benefits of Osteopathic Manipulative Treatment for Hospitalized Elderly Patients with Pneumonia. Journal of the American Osteopathic Association. Vol. 100. No. 12. December 2000.
Y. Takeda & S. Arai : Relationship Between Vertebral Deformities And Allergic Diseases . The Internet Journal of Orthopedic Surgery. 2004 Volume 2 Number 1
Felton DL, Felton SY, Belonged DL, et al. "Noradrenergic sympathetic neural interactions with the immune system: structure and function." Immunol Rev. 1987 Dec;100:225-60.
Pero R. "Medical Researcher Excited By CBSRF Project Results." The Chiropractic Journal, August 1989; 32.
Brennan P, Graham M, Triano J, Hondras M. "Enhanced phagocytic cell respiratory bursts induced by spinal manipulation: Potential Role of Substance P." J Manip Physiolog Ther 1991; (14)7:399-400.
Selano JL, Hightower BC, Pfleger B, Feeley-Collins K, Grostic JD. "The Effects of Specific Upper Cervical Adjustments on the CD4 Counts of HIV Positive Patients." The Chiro Research Journal; 3(1); 1994.

page top