新着情報

花みずきカイロプラクティック院の記事

2週連続で土曜日をお休みさせて頂き、申し訳ありませんでした。

10 月18日(土)~19(日)とGMIガンステッド国際セミナーに参加して来ました。

解り易く言いますと、私のいまやっているガンステッドというテクニックを、本場アメリカの講師に理論や技術面で再教育頂けるセミナーです。

今回も全国から50名近くの先生が参加され、とても熱いセミナーでした。
学びも多くこれからの臨床において皆様に還元できるかと思います。

お互い身体を借りてテクニックを勉強しますので、終わった後はみんな身体はボロボロです。
私も腰痛が・・・・。

最高の講師陣の中での勉強はとても学びになりますが、それ以外にも同じテクニックを愛する先生同士の横のつながりも、セミナーの大きな魅力です。

今回も多くの先生と名刺交換させて頂きました。
これからもよろしくお願い致します。


今回の講師 テリー・ウェプナーD.C.


大下 明志D.C.(GMIデレクター)


カイロプラクティック界の第一人者 塩川満章D.C.

*院内に写真を飾っていますと、「何で皆さん同じ手の形してるんですか?」よく聞かれます。
これはラットホールと言って、ガンステッドテクニック独特の手の形で、ガンステッドカイロプラクティックを愛する人達が記念撮影の時によく行っています。


GMI

GMIは1968年にラリー・トラキセルD.C.によって作られたガンステッド・テクニック教育機関です。トラキセルD.C.は、C.S.ガンステッドD.C.から直々に理論、テクニックを学びました。1977年にガンステッドD.C.によって上級者向けのアドバンスセミナーを計画し、そのセミナーの講師として4人の優秀な先生が選ばれました。その1人がトラキセルD.C.でした。GMIでは、インターン制度をとり入れ、学生の教育、そしてガンステッド・テクニックの継承を約41年間続けています。現在では、1000人以上もの人が、このインターン・プログラムを卒業し、全米でガンステッド・テクニックを広めています。
2013年GMIガンステッドセミナーで講師を務めたロン・ディオットD.C.は塩川満章D.C.とパーマ大学時代の同級生でもありました。共にパーマ大学ではトラキセルD.C.によりガンステッド・テクニックを学びました。その後、ロン・ディオットD.C.はGMIの理事長として就任していました。前回、日本でのセミナーで熱意あるシオカワスクールの受講生に大変感動をし、GMIは今後も年2回本校を通じて日本でセミナーを開催する事になりました。そして、全5回(2年半)のプログラムを全て受講するとGMIより豪華な記念楯が贈呈されます

今までは男女兼用で青色の患者着を着て頂いておりましたが、本日より女性専用でピンク色を追加しました。

早速、着て頂いた女性患者さんからも、かわいいとか、温かい気持ちになるとか好印象のようです。(良かったぁ)

青色の患者着は引き続き男女兼用ですので、洗濯の都合でもし不足してしまいましたら、女性の方も青色をご着用お願い致します。

10月11日(土)~13日(月)に掛けて、東京で改めて座学を勉強して来ました。
台風が心配されましたが、無事に帰ってこれました。

カイロプラクティックを安全に施術する為には、座学はテクニック以上に大事なものだと思います。
これはある資格を取得する為で、自発的に参加申し込みをしており、おおよそ3年間掛けて勉強していきます。


今回の科目は、解剖学、生理学、病理学、生体力学、カイロ概論、ケースレポート。
授業を受けて終わりではなく、レポートの提出、臨床レポートの提出をしながら、
単位を取得していきます。


これからの3年間は、予約の空き時間や夜の時間は、勉強に追われる事でしょう。

頑張ります!

今週18日(土)、19日(日)もテクニックスクール(東京)に行きますので、土曜日は臨時休診させて頂きます。
ご不便お掛けして申し訳ありません。

いつもご愛顧頂きましてありがとうございます。

夏季休暇ですが、ちょっとずらして8月後半にお休みを頂こうと思います。
お盆期間中は、通常通り診療致します。
ご不便お掛けしますが、どうぞご理解下さい。


8月27日(水)~31日(日)五日間


休診中もインターネットからご予約頂けます。
(電話は転送されません。)
是非ご利用ください。

リアルタイム予約はコチラ

7月の研修予定は以下の通りです。

7月12日(土) PM
7月13日(日) 終日
7月20日(日) 終日
7月26日(土) PM

患者さんの為に一所懸命勉強してきます。
あと、身体のメンテナンスの為、症状はありませんが、
カイロプラクティックのアジャストメント(矯正)を受けてきます。

アジャストメントを受けるのも勉強です。
タイミング、深さ、スピード、遊びの取り方、症状の応じて交感・副交感どこを攻めるか・・・・などなど、
本当の治療の中から感じてきます。

2005年7月8日に開業して以来、本日で9周年を迎える事が出来ました。
ひとえにご愛顧頂いております患者様のおかげです。
ありがとうございます。

あと、家族や先祖にも感謝しないといけません。
いつも支えてくれてありがとう。

これからももっともっと技術を磨き、そして解剖学・生理学などの座学も勉強して、皆様のご期待に応えれるようなカイロプラクターになりたいと思います。

そして、静岡で一番頑張っているガンステッドカイロプラクターになります。
静岡のカイロプラクティックって言えばあそこだよねって、県外の先生からもご紹介頂けるようにガンステッドカイロプラクティックを極めて行こうと思います。

浮気せずにこのテクニックを一生かけて追及してしていこうと思います。

将来は認定資格をとって、大好きなサッカーチームを任せてもらえるようなカイロプラクターになりたいです。
(公言すれば叶う)

患者さんの声を大募集しております。

カイロプラクティックを受けて、身体にこんな変化が出た。
カイロプラクティックを知って、健康に向き合うようになったなど、患者さんからの生の声を募集しております。

皆様の声が私の励みになります。
ご協力お願い致します。

*以前、直接声をお掛けして、コメントをお願いした患者様 私は覚えていますよ(笑)
 いつでも構いません。お時間が出来ましたらコメントお願い致します。

カイロプラクティックで症状を改善していくには、アジャストメント(矯正)の回数ではなく、アジャストメント(矯正)の周期がとても重要です。
いつアジャストメントをして、いつアジャストメントをやめるのか。

患者さんがいち早く改善する為に、来院周期をご提案しております。
これを必ず守って下さい。
でないと、お金と時間が勿体ないです。
症状がある程度あっても、1週間に1回程度でいい方もいますし、1週間に3回必要な人もいます。
私がむやみに来て欲しいから言っているのはなくて、患者さんのいち早い改善の為にご提案しています。

カイロプラクティックはお医者さんではありません。
痛い時だけ来院するの所とは違います。
お医者さんは痛い時に行って、痛み止めなどの処方をしてもらうところですが、
カイロプラクティックは原因となっているサブラクセーションを改善するところです。

きつい事を言いますが、患者さん自身の判断で痛い時(症状がある時)だけ来院されるようでしたら、病院をお勧め致します。
それでは、サブラクセーションは改善出来ませんし、なによりお金と時間の無駄で、残念ですが改善も期待出来ません。

以下当方のHPより
整体とカイロプラクティックの違い>7つの誤解
6)矯正の回数ではなく、矯正の周期が大事です。

矯正しても周りの筋肉及び靭帯によって自然に元に戻ってしまいます。早い方でその当日、長くても約1ヶ月で元に戻ってしまいます。
ですので矯正の間隔が重要になるのです。矯正して戻ってしまう前に次の矯正をしなくては全く意味がありません。
最初は大変だと思いますが、矯正の間隔はなるべく守って下さい。
放置すれば椎間板は薄くなり、骨もどんどん変形してしまいます。
悪化した骨は改善するのにもっともっと時間が掛かってしまいますので、要注意です。


花みずきカイロプラクティック院 7つの誤解

幼稚園児など小さな患者さんが最近多いので、子供用の患者着を専用に作りました。
色は黄色です。


ちなみに当院では、妊婦さん、大きい方用に特大サイズも特注でご用意してあります。

是非ご利用ください。

花みずきカイロプラクティック院

今月の研修

今月の研修のお知らせです。

6月7日(土)午後より
6月8日(日)
6月14日(土)朝から
6月15日(日)
6月21日(土)午後より

14日は休診になります。
ご不便お掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
いっぱい勉強して、皆様に還元致します。

前のページ 7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17

page top