新着情報

花みずきカイロプラクティック院の記事

9月1日に予約方法について、重要なお知らせをします。

いつも定期的に来院されている方も、リアルタイム予約を利用されていない方も、随分来院周期が空いてしまっている方、
全ての患者さんに関係する、重要なお知らせです。

お楽しみに?

8月24日(月)~28日(金)まで、夏休みを頂きます。

ご不便お掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します。

家族サービスで、ねずみの国に行く予定です。

2015年9月より2015年12月まで暫定的にではありますが、定休日を以下の通り、変更させて頂きます。

夏休み限定で始めた、土曜日の終日診療(9:00~19:00)、これが非常に評判がよく(当たり前ですよね)、12月まで試験的に続けてみようかと思っております。
その代り、水曜日をお休みさせて頂きます。
また、研修の日は土曜日でもお休みさせて頂きます。

整理しますと・・・・

今まで
【定休日】 日曜・祝日・土曜日の午後

2015年79月から
【定休日】 日曜・祝日・水曜日
 
  *土曜日も19時まで診療


以上、よろしくお願い致します。

  

同居しております義祖母が昨日亡くなりました。

17日(月)は葬儀の為、臨時休診させて頂きます。

現在、ご予約頂いております患者さまには随時ご連絡させて、頂いております。

ご迷惑お掛け致します。

よろしくお願い致します。

改めまして、診療日と休診日のお知らせです。

診療日

8月15日(土)19時まで
8月22日(土)19時まで
8月23日(日)17時まで


休診日

8月12日(水)
8月19日(水)
8月24日(月)~27日(木)


ご不便、ご迷惑お掛けしますがよろしくお願い致します。

花みずきカイロプラクティック院

当院はプレミアム金券の加盟店です。

多くの方に、ご利用頂いております。

ありがとうございます。

7月1日から本日まで、186枚の使用がありました。

11月末までご利用可能です。


改めまして、同じ記事です。

土曜日は午前中しか診療していない関係で、いつもご予約がいっぱいになってしまっております。

ご不便お掛けしております。

そこで、ちょっと考えました!

子供が夏休みの期間(7月25日~8月31日)は、土曜日を平日と同じく、19時まで営業する事と致しました。

代わりに、水曜日にお休みを頂ます。
(水曜日にお休みの方ごめんなさい。)

この機会に是非いらして下さい。


【土曜営業日】

7月25日(土)、8月1日(土)、8月8日(土)、8月15日(土)、8月22日(土)、8月29日(土)

【代休日】

7月29日(水)、8月5日(水)、8月12日(水)、8月19日(水)、8月26日(水)

【特別営業日】

8月23日(日)

【夏季休暇】

8月24日(月)~28日(金)

以上

いつもリアルタイム予約ご利用ありがとうございます。

リアルタイム予約でのキャンセル及び、時間変更の可能時間変更のお知らせです。

患者さん側で自由にキャンセル及び時間変更が出来る受付時間を変更させて頂く事と致しました。

詳細は、下記の通りです。

お電話でのご予約も同様とさせて頂きます。

どうしてもご予約の変更、キャンセルがありましたら、お電話にてお受けさせて頂きます。

ただし、多くの患者さんの迷惑になりますので、当日のキャンセルはだけはご遠慮願います。

以上、よろしくお願い致します。


【変更前】
 ・前日予約確認メール 前日17時 
 ・キャンセル及び時間変更可能時間 前日18時
 ・当日予約確認メール 1時間前

【変更後】
 ・前日予約確認メール 前日11時 
 ・キャンセル及び時間変更可能時間 前日12時
 ・当日予約確認メール 1時間前

試乗

S660に試乗してきました。


5月の話ですが・・・


これいつか欲しいなぁって思う、非常に面白い車でした。


新型ロードスターも(試乗はしてないですが)、非常に興味深い車です。


しかし、私の新車購入は、金額的にも、実用的にも現実的な軽、Nシリーズに落ち着きました。


1か月くらい前になりますが、6月20日(土)、21日(日)とGMI国際セミナーに参加してきました。

今回のテーマは、ニーチェストと小児カイロプラクティックでした。

メインスピーカーはガンステッドカイロプラクティックの第一人者であるハーブ・ウッドD.C.をアメリカより招いて行いました。

新しい発見があり、とても勉強になりました。

そして、自らの未熟さも痛感し帰ってきました。

印象に残った言葉は、冒頭に話されていた、「1%でも迷いがあったら、最初に戻れ!」でした。

カイロプラクティックのアジャストメントは、患者さんのサブラクセーション(神経圧迫)を見つけだし、それを受け入れ、それを矯正します。

受け入れるという事は、患者さんへのアプローチする部位や方向(リスティングといいますが)を、迷わないという事。

それが原因だ、絶対このサブラクセーションを改善してやるって強い思いの基、アジャストメント(矯正)します。

ですので、これって決めたら、絶対迷ってはいけいないのです。

迷えば、いいアジャストメント(矯正)は出来ませんし、結果も出ないからです。


臨床においては患者さんの訴えてる症状からすると、こっちなんだけど、でも科学的な検査であるナーボスコープ(神経圧迫測定器)では、違う部位なんだよなぁって、迷う事は正直多々あります。

これからは、セットアップ中でも、もし迷ったらふりだしに戻り、自信をもってサブラクセーションを導き出すまで徹底的に検査し、自信を持ってアジャストメント(矯正)する事と決めました。

ハーブウッドD.C.は大きな手をしているのですが、非常に器用にセットアップしていました。
私はそれを少しでも吸収しようと一生懸命過ごしました。

同じ志の仲間との交流も、非常に楽しい2日間でした。

次回、GMIは10月17日、18日です。
次回は四肢のテクニック。楽しみです。

前のページ 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

page top