新着情報

カイロプラクティックの記事

 

単刀直入に結論を言いますと、運動すべきです!

 

2002年以来、米国産婦人科学会は妊婦と産後の女性に対して、中程度の有酸素運動を少なくとも130分することを勧めています。また同学会はデスクワークの多い女性に対し、妊娠したら運動をするように勧めており、それは糖尿病・高血圧・子癇前症などといった病気のリスクを減らすためだそうです。

また、運動は妊娠中のリスクを軽減するだけでなく、母体と胎児の体と心の健康を増進します。運動により、悪心や疲労感、関節痛、筋肉痛を和らげ、脂肪の蓄積を抑えることができるのです。

 

アメリカのケースウェスタンリザーブ大学で「運動が胎児にどう影響するか」について20年以上にわたって行われた研究があります。

この研究で、まず妊娠中の運動が危険ではないことが証明されました。

さらに、妊娠中の運動は子宮内の胎児を揺さぶり、赤ん坊が撫でられたり抱っこされたりするのと同様の刺激を胎児に与え、明らかに脳の発達を促すと理論づけ、IQと言語能力に著しい差が出ることが発見されました。

 

他にも様々な良い影響があるとは思いますが、上記のような理由から妊娠中も運動すべきです。ただ、状況によっては運動が禁忌となる場合もありますので、心配な方は産科医に相談するようにしましょう。

カイロプラクティックでは背骨・神経を調整し、体の機能を整えることで様々な症状や病気の改善・再発防止・予防などをサポートしています。

 

自律神経の乱れ、ホルモンバランスの問題、様々な内臓の問題、

首・肩・腰・膝などの筋骨格系の問題、頭痛、生理痛、精神疾患などなど

 

様々な症状・病気の背景には「体の機能の乱れ=健康状態の悪化」が潜んでいます。

 

体には本来様々な機能が備わっています。

すぐ思いつくものだけでも、自然治癒力、免疫力、環境適応能力、運動能力、学習能力、子供の成長・発育、消化・吸収・排出、生殖、体温調節、血圧・血流・血液量の調節、ホルモンバランスの調節、姿勢の維持、毒素・老廃物の排出、疲労回復などなど、他にも様々な機能が備わっているかと思います。

 

そういった機能に乱れが生じた結果、様々な症状や病気が起こります。

例えば、自然治癒力が低下すると、組織の損傷の修復が遅れ度重なる体への負担に耐えきれなくなりやがて腰痛などを引き起こします。免疫力が低下すると風邪を引きやすくなったり、逆に免疫機能が暴走を始めると自己免疫疾患を引き起こしたりします。環境適応能力が低下することでアレルギー症状を引き起こしやすくなり、消化・吸収・排出の機能に乱れが起こると下痢や便秘、胃痛、腹痛などを引き起こすでしょう。

 

では、なぜ体の機能に乱れが生じるのでしょうか?

 

悪い生活習慣はもちろん原因になりますが、それだけではありません。

「体の機能をコントロールする」という、重要な役割を担っているのは神経です。

背骨のズレや椎間板の問題によって神経圧迫(サブラクセーション)が起こると、

神経の働きが乱れ、体の機能を正しくコントロール出来なくなり、体の機能に乱れが生じます。

 

カイロプラクティックで背骨・神経を整え、同時に生活習慣を改善することで体の機能は整っていきます。

体の機能を整えることが様々な症状や病気を改善・再発防止・予防していく上で必要不可欠なのです。

こんにちは、副院長の森です!

情報発信をしていくのにあたり、先日から改めてカイロプラクティック哲学の本を読み直していました。

その中に面白いトピックがあったのでシェアさせて頂きます。

 

「カイロプラクターの目的・・・カイロプラクティックの目的は正常な体の機能を欠く原因を作っているサブラクセーション(背骨で起こる神経障害)を取り除くことである。サブラクセーションは病気の前兆であり、サブラクセーションを取り除くことは医療行為ではなく、病気の原因となる病原菌を除外することや、汚染された水を浄化することと同じである。カイロプラクターは医療行為ではなく町の掃除屋さんと同じである。」

 

カイロプラクティックと医療および代替医療(接骨院、鍼灸、整体などなど)はやっていることが似ているように思われることが多いですが、実際は大きく異なります。

「健康」や「病気」に対する概念が全く違うのです。

 

医療に携わている方や、よく病院に通われている方はおそらく、「病気やつらい症状さえなければ、人は健康になれる」とお考えでしょう。

しかし、私達カイロプラクターは「健康状態を向上することが出来れば、様々な病気や症状の改善や予防の手助けになる」と考えています。

医療の目的は「病気や症状の治療」であり、カイロプラクティックの目的は「健康状態の向上」です。

 

病気や症状がなくても健康とは限りません。未病という状態が存在します。

健康診断で結果が良くても健康とは言えません。

健康状態が悪いと治る病気も治りません。

健康状態を向上することは、肩こりや腰痛に限らず様々な病気・症状の改善の助けになるでしょう。

健康状態を高めるためにも、カイロプラクティックを受け、バランスの良い食事をとり、充分な休息をとって、良い運動習慣を身につけることをおすすめ致します。

 

昨日、東京研修が終り、20時頃家に帰ると7歳の娘が熱を出して寝ていた。

多分風邪かな?

身体を触ってみると、かなり熱く38度以上はあったと思う。

私は、寝ていた娘を強引におこし、椅子に座らせ、アトラス(第一頸椎)をアジャストメント!

水を飲ませ寝かせました。

朝起きると、見事に娘は熱が下がっていた。

もう一度、朝アジャストメントしてあげました。

更に元気になり学校に行きましたとさ。

カイロプラクティックのアジャストメント(矯正)により、自然治癒力が高まり、結果として熱が下がったのです。


これがうちの当たり前。

病院なんていきません。

普通の家庭なら、病院に連れていき(休日だから救急病院かな?)、お医者様に診てもらい薬を飲む。

解熱の注射もあるかもしれない。

点滴になるかもしれない。

それで、2,3日は学校を休む。

カイロプラクティックの世界に携わらなかったら、こんな感じだったでしょう。

カイロプラクティックって凄い!

自然治癒力って凄い!


この熱が下がったっていう現象は、たまたまではなく、いつもです。
姪っ子達もそうやって治してあげています。

カイロプラクティックって骨をボキボキする事ではありません。
こんな感じで自然治癒力を高め、身体を正常に働かせるお手伝いをする仕事です。

カイロプラクティックは今日で120歳の誕生日を迎えました。

カイロプラクティックは1895年9月18日 アメリカのD.Dパーマーによって発見されました。召使いのハーヴィーリラードに首の矯正を行った瞬間、17年間患っていた難聴が改善されたのがはじまりです。
それから今日まで多くのカイロプラクター・科学者により研究され発展してきました。

カイロプラクティックとは、痛みやしびれなどの症状を改善する事が目的ではなく、自然治癒を最大限に働かせて、人間が本来持っている『身体を修復する』という機能を正常に働かす事が目的です。
ですので、カイロプラクティックは、骨を矯正するという単純な意味ではないのです。
骨をボキボキするって事が、カイロプラクティックという訳ではありません。


カイロプラクティックを解りやすく説明します。
大きな石が足の上に乗っている事を想像して下さい。
石が乗っている間は、痛みやしびれなどの症状が伴います。
この状態の時、どうすれば痛みやしびれが無くなるのか解りますか?
薬を飲みますか?マッサージをしますか?お灸をしますか?電気をあてますか?どれも違いますよね。
原因となっている石を退ければ、痛みやしびれの症状は自然に無くなります。
これがカイロプラクティックの治療に対する考え方です。

薬を飲んでも、マッサージをしても、お灸や電気をかけても、原因の石を退ける事は出来ません。
原因を取り除いて、自然治癒力が働く環境にしてあげれば、自分自身の治る力で症状は改善していきます。

この原因となっている石(神経圧迫)の事を、カイロプラクティック専門用語でサブラクセーションと言います。
カイロプラクティックではこのサブラクセーションを改善する事に全力を尽くします。



文章、画像は当院のHPより。

カイロプラクティックは奇跡を起こします!

カイロプラクティックで人生が変わります!

カイロプラクティックは家族の人生も変えます!

カイロプラクティックは多くのテクニックが存在します。

私のメインに行っているテクニック、それはガンステッドテクニック。

このガンステッドカイロプラクティックの第一人者であるオーストラリアのドクターイアンの動画です。

お医者様でさえも救えなかった彼。

17歳の少年、背骨が曲がって(後弯)きてしまい、3か月間も寝たきりで、お医者様にも見放されてしまった。

西洋医学では、薬や注射で痛みを抑えるしか手段はなく、このケースでも最後の手段は手術になった事でしょう。

脊柱に金属プレートをボルトで固定し、後弯してしまった背骨を強引にまっすぐにするようにする。

こんな不自然な手術が世の中では起こっている。


ドクターイアンのカイロプラクティックアジャストメントによって、10日で症状は改善しました。

アジャストメントのyoutubeはこちらをクリック

症状は身体からのサイン。

今の生活習慣が悪いのを教えてくれている、身体からのサイン。

見逃すと、後で大きな事になって、自分自身に振り掛かってくる。

それは、会社や、家族にも悪い影響を与えてしまうかもしれない。

今出ている症状を、、まずは受けいれ、そしてこれくらいで済んでいる事に心から感謝して、そして生活習慣を改める。

それが、出来た時、症状は自然に治る。

私は信じています。

自然治癒力の奇跡を・・・。

娘のケア

毎週土曜日の午後は家族の身体のケアを行います。

特に娘は、風邪もひくことも少なく至って健康です。

症状があるからカイロプラクティックを受けるのではなく、健康に生活をおくる為サブラクセーションが無い状態にしておく事が必要だからです。

と、いう事でなるべく週に1回はカイロプラクティックのケアをしています。

風邪で熱が出ても、アトラス(第一頚椎)のみアジャストメントして、あとは自然治癒力に任せて寝かせるだけです。

病院なんて行ってません。

自分の脳に最高の医師・最高の薬剤師・最高の製薬工場があるからです。

そして、娘がお礼にと、治療院の掃除をかって出てくれました。

待合室のソファーの下の雑巾がけの姿が笑えたのでパチリ。

カイロプラクティックで熱が下がる??

そう下がるんです。

風邪が治るんです。

何故なら、自然治癒力が最大限に高まるからです。

カイロプラクティックは腰痛や肩こりを治すところではありません。

サブラクセーションという神経圧迫を改善して、患者さんの持っている自然治癒力(イネイトインテリジェンス)を最大限に高めてあげる仕事です。

治すのは私ではなく、患者さん自分自身です。

実際の話


6月28日(土)
知り合いの娘さん高校1年生が夕方から風邪と思われる高熱が出ました。
39.5℃ フーフーしてます。便秘もあり。
知り合いなので往診して、その方の家にあるダイニングチェアーでアトラス(頸椎1番)をガンステッドでアジャストメント(矯正)。ASRP

6月29日(日)
午前 同じくアトラス(頸椎1番)をアジャストメント。

夕方 熱は下がって来た模様。
    同じくアトラスをアジャストメント。

6月30日(月)
熱は平熱に戻り、便秘も解消。

7月1日(火)
その妹 中学1年生が夕方から高熱に。
風邪がうつったのかな?
38.3℃

20時くらいに、アトラス(頸椎1番)をガンステッドでアジャストメント(矯正)。ASLA
翌朝、熱は下がり元気に学校に行ったとの事です。


このように、風薬なんて飲まなくても風邪は治ります。
2人とも、薬は全く飲んでいません。
私のアジャストメントだけです。


普通の人は、風邪をひいたとき、薬を飲みます。
薬が効いて風邪が治ったという錯覚に陥りますが、
ただ薬によって、症状を一時的に抑えただけで、治すのは自分自身の自然治癒力です。
ここに早く気付いてほしい。

もちろん、高熱で危険な場合は、薬によって熱を下げた方がいい場合もありますが、
たいていは食事を控えて腸を休ませ、体温くらいのおさ湯を飲んで、温かくして寝てれば治ります。
そしてカイロプラクティック。

お肉など栄養のあるものを食べてなんて・・・そんな事したら腸は休まらず、そこにエネルギーが使われてしまって治りが悪くなります。

薬の副作用で死者が出ているニュースを良く見ますよね。
早く気付いてほしい。

こんな複雑で神秘的な人間は、薬なんかでは制御出来ない!
制御出来るのは自分自身の脳だけです。


島田市 花みずきカイロプラクティック院

今日の新規患者さんには、カイロプラクティックの説明がしっかり伝わったと思う。

そういう時は実に気持ちがいい。

患者さんから、痛み止めは嫌いだからっていう方は、話が早い。

カイロプラクティックは反薬の立場でいます。

薬では身体は制御出来ません。

薬で制御してしまったら、そこには副作用が待っています。

正しいカイロプラクティックを普及していくのは私の使命です。

田舎町島田市からカイロプラクティックをひろめて行こう。

1  2  3  4  5

page top