新着情報

カイロプラクティックの記事

昨日、東京研修が終り、20時頃家に帰ると7歳の娘が熱を出して寝ていた。

多分風邪かな?

身体を触ってみると、かなり熱く38度以上はあったと思う。

私は、寝ていた娘を強引におこし、椅子に座らせ、アトラス(第一頸椎)をアジャストメント!

水を飲ませ寝かせました。

朝起きると、見事に娘は熱が下がっていた。

もう一度、朝アジャストメントしてあげました。

更に元気になり学校に行きましたとさ。

カイロプラクティックのアジャストメント(矯正)により、自然治癒力が高まり、結果として熱が下がったのです。


これがうちの当たり前。

病院なんていきません。

普通の家庭なら、病院に連れていき(休日だから救急病院かな?)、お医者様に診てもらい薬を飲む。

解熱の注射もあるかもしれない。

点滴になるかもしれない。

それで、2,3日は学校を休む。

カイロプラクティックの世界に携わらなかったら、こんな感じだったでしょう。

カイロプラクティックって凄い!

自然治癒力って凄い!


この熱が下がったっていう現象は、たまたまではなく、いつもです。
姪っ子達もそうやって治してあげています。

カイロプラクティックって骨をボキボキする事ではありません。
こんな感じで自然治癒力を高め、身体を正常に働かせるお手伝いをする仕事です。

カイロプラクティックは今日で120歳の誕生日を迎えました。

カイロプラクティックは1895年9月18日 アメリカのD.Dパーマーによって発見されました。召使いのハーヴィーリラードに首の矯正を行った瞬間、17年間患っていた難聴が改善されたのがはじまりです。
それから今日まで多くのカイロプラクター・科学者により研究され発展してきました。

カイロプラクティックとは、痛みやしびれなどの症状を改善する事が目的ではなく、自然治癒を最大限に働かせて、人間が本来持っている『身体を修復する』という機能を正常に働かす事が目的です。
ですので、カイロプラクティックは、骨を矯正するという単純な意味ではないのです。
骨をボキボキするって事が、カイロプラクティックという訳ではありません。


カイロプラクティックを解りやすく説明します。
大きな石が足の上に乗っている事を想像して下さい。
石が乗っている間は、痛みやしびれなどの症状が伴います。
この状態の時、どうすれば痛みやしびれが無くなるのか解りますか?
薬を飲みますか?マッサージをしますか?お灸をしますか?電気をあてますか?どれも違いますよね。
原因となっている石を退ければ、痛みやしびれの症状は自然に無くなります。
これがカイロプラクティックの治療に対する考え方です。

薬を飲んでも、マッサージをしても、お灸や電気をかけても、原因の石を退ける事は出来ません。
原因を取り除いて、自然治癒力が働く環境にしてあげれば、自分自身の治る力で症状は改善していきます。

この原因となっている石(神経圧迫)の事を、カイロプラクティック専門用語でサブラクセーションと言います。
カイロプラクティックではこのサブラクセーションを改善する事に全力を尽くします。



文章、画像は当院のHPより。

カイロプラクティックは奇跡を起こします!

カイロプラクティックで人生が変わります!

カイロプラクティックは家族の人生も変えます!

カイロプラクティックは多くのテクニックが存在します。

私のメインに行っているテクニック、それはガンステッドテクニック。

このガンステッドカイロプラクティックの第一人者であるオーストラリアのドクターイアンの動画です。

お医者様でさえも救えなかった彼。

17歳の少年、背骨が曲がって(後弯)きてしまい、3か月間も寝たきりで、お医者様にも見放されてしまった。

西洋医学では、薬や注射で痛みを抑えるしか手段はなく、このケースでも最後の手段は手術になった事でしょう。

脊柱に金属プレートをボルトで固定し、後弯してしまった背骨を強引にまっすぐにするようにする。

こんな不自然な手術が世の中では起こっている。


ドクターイアンのカイロプラクティックアジャストメントによって、10日で症状は改善しました。

アジャストメントのyoutubeはこちらをクリック

症状は身体からのサイン。

今の生活習慣が悪いのを教えてくれている、身体からのサイン。

見逃すと、後で大きな事になって、自分自身に振り掛かってくる。

それは、会社や、家族にも悪い影響を与えてしまうかもしれない。

今出ている症状を、、まずは受けいれ、そしてこれくらいで済んでいる事に心から感謝して、そして生活習慣を改める。

それが、出来た時、症状は自然に治る。

私は信じています。

自然治癒力の奇跡を・・・。

娘のケア

毎週土曜日の午後は家族の身体のケアを行います。

特に娘は、風邪もひくことも少なく至って健康です。

症状があるからカイロプラクティックを受けるのではなく、健康に生活をおくる為サブラクセーションが無い状態にしておく事が必要だからです。

と、いう事でなるべく週に1回はカイロプラクティックのケアをしています。

風邪で熱が出ても、アトラス(第一頚椎)のみアジャストメントして、あとは自然治癒力に任せて寝かせるだけです。

病院なんて行ってません。

自分の脳に最高の医師・最高の薬剤師・最高の製薬工場があるからです。

そして、娘がお礼にと、治療院の掃除をかって出てくれました。

待合室のソファーの下の雑巾がけの姿が笑えたのでパチリ。

カイロプラクティックで熱が下がる??

そう下がるんです。

風邪が治るんです。

何故なら、自然治癒力が最大限に高まるからです。

カイロプラクティックは腰痛や肩こりを治すところではありません。

サブラクセーションという神経圧迫を改善して、患者さんの持っている自然治癒力(イネイトインテリジェンス)を最大限に高めてあげる仕事です。

治すのは私ではなく、患者さん自分自身です。

実際の話


6月28日(土)
知り合いの娘さん高校1年生が夕方から風邪と思われる高熱が出ました。
39.5℃ フーフーしてます。便秘もあり。
知り合いなので往診して、その方の家にあるダイニングチェアーでアトラス(頸椎1番)をガンステッドでアジャストメント(矯正)。ASRP

6月29日(日)
午前 同じくアトラス(頸椎1番)をアジャストメント。

夕方 熱は下がって来た模様。
    同じくアトラスをアジャストメント。

6月30日(月)
熱は平熱に戻り、便秘も解消。

7月1日(火)
その妹 中学1年生が夕方から高熱に。
風邪がうつったのかな?
38.3℃

20時くらいに、アトラス(頸椎1番)をガンステッドでアジャストメント(矯正)。ASLA
翌朝、熱は下がり元気に学校に行ったとの事です。


このように、風薬なんて飲まなくても風邪は治ります。
2人とも、薬は全く飲んでいません。
私のアジャストメントだけです。


普通の人は、風邪をひいたとき、薬を飲みます。
薬が効いて風邪が治ったという錯覚に陥りますが、
ただ薬によって、症状を一時的に抑えただけで、治すのは自分自身の自然治癒力です。
ここに早く気付いてほしい。

もちろん、高熱で危険な場合は、薬によって熱を下げた方がいい場合もありますが、
たいていは食事を控えて腸を休ませ、体温くらいのおさ湯を飲んで、温かくして寝てれば治ります。
そしてカイロプラクティック。

お肉など栄養のあるものを食べてなんて・・・そんな事したら腸は休まらず、そこにエネルギーが使われてしまって治りが悪くなります。

薬の副作用で死者が出ているニュースを良く見ますよね。
早く気付いてほしい。

こんな複雑で神秘的な人間は、薬なんかでは制御出来ない!
制御出来るのは自分自身の脳だけです。


島田市 花みずきカイロプラクティック院

今日の新規患者さんには、カイロプラクティックの説明がしっかり伝わったと思う。

そういう時は実に気持ちがいい。

患者さんから、痛み止めは嫌いだからっていう方は、話が早い。

カイロプラクティックは反薬の立場でいます。

薬では身体は制御出来ません。

薬で制御してしまったら、そこには副作用が待っています。

正しいカイロプラクティックを普及していくのは私の使命です。

田舎町島田市からカイロプラクティックをひろめて行こう。

ワールドカップ盛り上げっていますね。
本田圭佑の首の傷が最近メディアに取り上げられましたね。
あの傷は、多分バセドウ病の手術跡です。


バセドウ病(甲状腺機能亢進)とは、甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。

症状としては、暑がり、疲れやすくなり、動悸、怒りっぽい、血圧の上昇、頻脈、排便の回数が増えます。そして5人に1人の割合で眼球突出です。

本来のパフォーマンスが発揮されていない本田、眼球突出、そして首の傷痕・・・
多分、バセドウ病ですね。

このバセドウ病は薬や手術しなくても、カイロプラクティックでアプローチ出来ます。
殆どが、後頭骨から頸椎5番までの副交感神経系のサブラクセーションによっておこります。
ここのサブラクセーションを正し、甲状腺に正常の神経伝達が行えるようになれば、自分の力で症状は改善していく事でしょう。

本田がカイロプラクティックを知っていたら、手術というこんな結果にならなかったかもしれないのに・・・。

日本ではカイロプラクティックは国家資格でないので、技術や知識、安全教育に関してもバラバラです。
今後法制化が進み、国民にもっともっと信頼してもらえるようになればいいなぁと思います。

正しいカイロプラクティックが広まる事を願って。

花みずきカイロプラクティック院HP

薬では腰痛は治りません。
腰痛を治すのは、自らの自然治癒力です。
痛み止めは文字通り、痛みを止めるだけです。

ある患者さんの例

40年前から腰痛がある60代の男性。

今までの処置は、腰が痛くなったら、病院で痛み止め、湿布、筋肉を和らげる薬を処方してもらう。
すると、数日後には痛みはなくなり、日常生活に戻れる。

何回か繰り返す腰痛。
今回はなかなか治らないなぁ・・・
そういう時は、もっと強い痛み止めを処方してもらう。
すると、数日後に日常生活に戻れる。

まだまだ繰り返す腰痛。
今回は強い痛み止めも効かないから、痛み止めの注射を打つ。
1発で効いた!

最近は痛み止めの飲み薬も、注射も効かない。
先生には手術した方がいいって言われるようになった。


私の方に来院。
動きを変えるにものすごく時間が掛かってしまう状態。
あまりにもひどいので、提携先でレントゲンを撮ってきてもらいました。

ものすごい変形でした。
椎間板はかなりすり減り、腰椎も変形し、圧迫骨折もあり、骨棘も形成されている状態。
かなり深刻な状態でした。

現在も週1回~2回程度、ずっと治療に通って頂いております。
結局、火を消すのを後にしてしまった結果、時間もお金も掛かってしまう事になってしまったのです。
残念です。

薬で痛みを止めている間に、骨はどんどん悪化してしまったのです。
もっと早くからカイロプラクティックを受けていれば、全く違った結果になったいたと思います。
カイロプラクティックの矯正も大事ですが、運動・休息・栄養の3つのバランスが乱れていたと思います。
それを見直すアドバイスが出来ていれば、間違いなく違った結果になっていたでしょう。

もう一度繰り返しますが、腰痛は薬では治りません。
処方される痛み止めは痛みを止めるだけです。

虫歯に例えます。
虫歯になり、歯が痛くなりました。
痛み止めを飲みます。
痛みは止まるでしょう。
でも、まだ虫歯は治っていません。

時間が経てば、どんどん虫歯はC1→C2→C3→C4と進行し、治療に時間が掛かってしまいます。
骨も全く一緒。
骨の場合は身体に繋がっている神経もありますから、痛みやしびれだけでなく、内臓に機能低下という病気の原因にもなってしまいます。

痛み止めを飲んでも原因を治さないと治りません。
あとで後悔しても遅いです。


痛みやしびれなどの症状は、あなたの生活週間の乱れです。
運動、休息、栄養の三角形が乱れている証拠です。

みなさん。
自分の身体に向き合いましょう。

【患者情報】 牧之原市 29歳 女性 事務員
【経緯】 2011年2月 スノボーに行ってアイスバーンで大きく転倒した。
その時首と肩を痛めてしまった。
接骨院で首のねんざと診断され、頚椎コルセットをしばらくしていた。
その後首の痛みは軽減し日常生活に戻れた。

2011年4月
しかし、今まであまり感じていなかった肩こりとそれに伴う頭痛が出てきた。
天気が悪くなる前は特に悪く、会社を休む事もたびたびあった。

2011年5月
右肩が挙がりにくくなってきた。
正面へは挙がるが横では挙がりにくく、後ろにも回せなくなった。
自然に治ると思い放置していた。

2011年6月
右の手の小指にしびれが出てきた。
指先は感覚が無い程である。
友人の紹介で花みずきカイロプラクティック院へ。

【原因】
第6頚椎に関わる神経障害
上部胸椎と肩関節のズレによる障害

【リスティング】
C6PLI-L  第6頸椎 後方,左軸転,下方変位
T3PRS  第3胸椎 後方,右軸転,上方変位
右肩関節 前方,下方変位
P-L    仙骨左側後方変位

【施術】
2011年6月10日 初来院。
自律神経系の症状はなさそうなので、頚椎、胸椎、骨盤など全ての箇所を矯正した。
肩関節に限っては痛みがあった為、矯正は中止した。
頚椎・胸椎・骨盤 全ての部位をきれいにアジャスト出来た。
自分としては手ごたえを感じていたが、それとは異なり患者さん側は痛みやしびれは全く変化なく帰られた。

*1週間以内に来院してもらうように説明。

2011年6月15日
すごく喜んで来院された。顔は笑顔だった。
前回の施術3日後に劇的に楽になったとのこと。
あの毎日続いた気持ち悪いしびれは今は殆ど無くなっている。
肩の痛みも軽減していた為、頚椎・胸椎・骨盤に加えて肩関節の矯正も行った。

2011年6月20日
あれから1週間しびれは再発していない。
肩の動きもほぼ改善している。
今回も同じく骨盤・胸椎・頚椎・肩関節の矯正を行った。
かなり状態が改善しているように感じた。
この状態が維持出来れば完治も近いだろう。
状態を考慮して、次回の来院を2週間後としてみた。

2011年7月4日
思った以上に症状の改善が進んでいた。
今はしびれが無くなった他、身体が疲れにくくなり体調がすごく良くなったらしい。
冷えや便秘もあったがそれも改善してきたとのこと。
全身一通りチェックして、サブラクセーションを矯正した。
顔色も良くニコニコして帰られた。

現在はメンテナンスの為、1ヶ月半に1回矯正しており、手のしびれは再発していない。体調も良好である。

1  2  3  4  5

page top