新着情報

頭痛の記事

立ちくらみ、めまい、失神など(起立不耐性)午前中の体調不良、睡眠の異常頭痛胃腸の不調、発汗異常など(自律神経症状)疲労感、倦怠感思考力、記憶力の低下(ブレインフォグ)などの症状がある方は起立不耐症・起立性調節障害が疑われますので是非御覧ください。

 

起立などの体位の変換に伴う症状に対してのアプローチ

l  起立時に起こる循環器でのメカニズム

起立により血液が下半身へ移行するが、交感神経の機能によって、心拍数・心臓収縮力・血管の収縮が起こり血液の下半身への移行とそれによって起こる上半身の血液量の減少を補う。

l  起立性低血圧は交感神経が正常に機能せずに血液が下半身へ移動、上半身の血液量が低下することで起こっているので、交感神経機能の妨げとなっているサブラクセーションを取り除きます。

l  体位性頻脈症候群は血液の下半身への移動に対して交感神経が過剰に反応することで起こります。

交感神経が過剰に反応してしまう原因とカイロプラクティックケアでのアプローチ

   元から交感神経が過緊張を起こしている体質で、体位の変換により交感神経がさらに緊張して頻脈を起こしている場合は、副交感神経でのサブラクセーションを取り除き、副交感神経が正常に機能できる環境を整えて、交感神経とのバランスを調整します。

   末梢の交感神経が機能せず、代償として中枢(脳)からの交感神経出力が強まり、心臓への交感神経出力が増加したことで頻脈を起こしてしまっている場合は、交感神経・副交感神経両方とものサブラクセーションを取り除いていく必要があります。

 

 

普段の生活で気をつけること

l  体液容量増大の目的で塩分や水分の摂取をまめに行いましょう。

l  弾性ストッキングの着用は下半身への血液移動を抑制する対処的なものになるでしょう。

l  積極的に運動に取り組み心肺機能の向上を目指しましょう。

l  食事内容の工夫(貧血対策)

ü  高エネルギー、高タンパク、高ビタミン食

ü  鉄含有量の多い食品:レバー、牛肉、大豆、ほうれん草など

ü  造血ビタミン(ビタミンB12、葉酸)を多く含むもの

ビタミンB12・・・レバー、ハマグリ、いわし、牡蠣、あさり、かに

葉酸・・・レバー、ほうれん草、インゲン、ブロッコリー、アスパラ

 

 

 

頭部のふらふら感や浮動性のめまいを発症し、病院に行っても特に異常は見つからないといったケースでは、このような自律神経と循環器での問題が疑われます。とりあえず症状が出たときにステロイドなどの薬で乗り切るといった対処的な処置だけでなく、カイロプラクティックケアと生活習慣の改善による根本的な体質の改善をおすすめいたします。

頭痛.png

 

頭痛の原因と、それに対してのアプローチ

脳梗塞などの頭蓋内疾患でない頭痛の場合は、脳で副交感神経機能の過剰な亢進が頭痛発症時に起こっています。その原因としては以下のものが考えられます。

 

   副交感神経優位の体質

l  交感神経サブラクセーション

l  甲状腺や副腎の機能低下に伴うホルモンバランスの問題

l  心臓に関わる交感神経サブラクセーションに起因する脳血流の異常

l  末梢での副交感神経サブラクセーションによるフィードバックで中枢副交感神経機能が亢進している

 

カイロプラクティックでのアプローチ

l  交感神経領域で特に甲状腺・副腎に関連するサブラクセーションを優先して取り除いていきます。

l  消化不良などの消化器系の症状や高血圧などの症状がある場合は、末梢での副交感神経サブラクセーションにより末梢の副交感神経機能が低下し、そのフィードバックで中枢の副交感神経機能が亢進していることが考えられますので副交感神経領域でのサブラクセーションを取り除きます。

 

   脳が休息を必要としている

l  睡眠不足

l  情報過負荷

l  脳の消費エネルギーの増大

 

カイロプラクティックでのアプローチ

l  検査によって見つかったサブラクセーションを取り除き、休息を取るようにしましょう。

 

   三叉神経反射

l  三叉神経障害

l  口腔疾患

l  首で起こる炎症頚椎の正常前彎の減少、胸椎・腰椎・骨盤も関与

l  顎関節症

 

カイロプラクティックでのアプローチ

l  口の中で問題がないか歯医者さんで確認してもらいましょう。

l  首の問題を改善するために、背骨の骨組みに着目したアジャストメントを行います。首だけでなく胸椎や腰椎、骨盤での歪みを改善していくことが重要です。顎関節症に関しても背骨の骨組みの問題や、頸部からの神経支配の問題により起こっているケースが多いと言われています。

 

 

 

普段の生活で気をつけること

l  定期的に運動に取り組み交感神経を刺激すると同時にストレスの解消に取り組みましょう。

l  睡眠時間をしっかりと取りましょう。

l  アルコールの摂取を控えましょう。

l  瞑想・マインドフルネスにより、脳の消費エネルギーを減らすことができます。

l  骨盤や背骨の歪みを正すため、姿勢の改善に取り組みましょう。

l  規則正しい生活習慣を身に着けましょう。

 

 

頭痛でお悩みの方は非常に多くいらっしゃいますが、

頭痛を原因から根本的に改善する努力をされている方は

非常に少ないように思います。

痛み止めの薬はその場しのぎの方法でしかありません。

徐々に効き目が悪くなり、服用する量は増えていき、

副作用のリスクもどんどん膨らんでいきます。

カイロプラクティックケアと生活習慣の改善により、

根本的な体質の改善を行っていくべきです。

 

1

page top