新着情報

難聴の記事

昨日9月18日はカイロプラクティックという治療法が生まれた日でした。

カイロプラクティックという治療法が生まれるきっかけとなったのが、

背骨を矯正したことで難聴が治ったという出来事でした。

今回は難聴などの耳の問題を改善するために私達がどんなことを考えながら臨床を行っているのか?

普段どんなことを気をつければ良いのかについてまとめました。

 

難聴・耳鳴りに対してのアプローチ

l  難聴や耳鳴りは様々な原因によって起こり、両方とも同じような原因で発症します。耳自体に問題があったり、脳腫瘍の可能性も0ではないので必ず医療機関で診察を受けてください。

 

l  カイロプラクティックでは以下のようなことを考慮しながら、問診・検査を進めアジャストメントを行います。

ü  カイロプラクティックにおける臨床報告では、上部頸椎もしくは胸椎でのサブラクセーションとの関連が示されている。

ü  頚椎(特に上部頸椎)サブラクセーションに伴う椎骨動脈圧迫によって発症している可能性がある。

ü  上部胸椎サブラクセーションにより頭部の血流が悪化している可能性がある。

ü  副腎や甲状腺を支配する交感神経領域でのサブラクセーションが起こり、免疫反応を制御できずにリンパ浮腫が起こっている可能性がある。

ü  ストレスによって交感神経系の過緊張が継続し、炎症反応が過剰に起こりやすい体質になっている可能性がある。(アジャストメントにより副交感神経を刺激し自律神経のバランスを取り戻す。)

 

 

普段の生活で気をつけること

l  積極的に運動に取り組み、ストレスの解消と自律神経の乱れの改善を行いましょう。

l  悪い姿勢を避けましょう。

l  睡眠時間をしっかり確保しましょう。

l  規則正しい生活習慣を身に着けましょう。

 

 

 

 カイロプラクティックという治療法が発見されたきっかけは背骨を矯正したことで難聴が治ったという出来事でした。難聴とカイロプラクティックには切っても切れない縁があります。難聴でお悩みの方は是非、カイロプラクティックケアと生活習慣の改善により、根本的な体質の改善を行ってみてはいかがでしょうか?

 

1

page top