新着情報

お陰様で、今月30日に元島田に移転して2年が経過致します。
不安で喜びで始まった頃を思い出します。
あっという間でした。

ありがたい事に、多くの患者さんが移転してもそのままご来院して頂いています。
ありがとうございます。

患者さんの期待に応えれる様、満足せず日々勉強していきたいと思います。
今年のテーマは脳!
脳の勉強に力を入れていきます。

移転祝いで頂いたガジュマルも大きくなりました。
御前崎のK様ありがとう。そして、いつもご紹介いっぱいありがとうございます。
また、その時にお祝いを頂きました方々、改めてありがとうございました。
その時の御恩、しっかり覚えていますからね。



2013年3月


2015年3月

このガジュマルと共に花みずきカイロプラクティック院は少しずつ大きくなっていきます。

今年の7月8日で10周年になります。
皆様のお陰です。
ありがとうございます。
その時に、また何か書きますね。

それでは。

娘のケア

毎週土曜日の午後は家族の身体のケアを行います。

特に娘は、風邪もひくことも少なく至って健康です。

症状があるからカイロプラクティックを受けるのではなく、健康に生活をおくる為サブラクセーションが無い状態にしておく事が必要だからです。

と、いう事でなるべく週に1回はカイロプラクティックのケアをしています。

風邪で熱が出ても、アトラス(第一頚椎)のみアジャストメントして、あとは自然治癒力に任せて寝かせるだけです。

病院なんて行ってません。

自分の脳に最高の医師・最高の薬剤師・最高の製薬工場があるからです。

そして、娘がお礼にと、治療院の掃除をかって出てくれました。

待合室のソファーの下の雑巾がけの姿が笑えたのでパチリ。

予防接種について、大下D.C.(ドクター・オブ・カイロプラクティック)のブログをシェアさせて頂きました。
薬で人は健康になれません。
薬でこんな複雑な人間をコントロール出来ません。
必ず副作用が起こります。

大下D.C.ブログ


世間では、(とくにここアメリカでは)ワクチンや予防接種の広告が季節を関係なしに、どこにでも目立つ時代となりました。

赤ちゃんの予防接種を含めて、果たして予防接種やワクチンは安全なのか!?本当に必要なのか!?

正しい知識のもとに、自分の大切な子供と家族の健康判断が不可欠です。

すべての人に予防接種を受けるか受けないか選択権があります。

ただ単に小児科医が進めるからじゃなくて、じぶんと家族の大切な健康は自分たちで守らなければなりません。

アメリカの政府機関CDCでは、

6歳までには、48回14種類の予防接種(ワクチン)が子供に予定されています。

18歳までには、69回16種類の予防接種(ワクチン)が子供に予定されています。

果たして、人間の体とはそこまで医学なしには欠陥品なのか??????

カイロプラクターと働く中で、自分のクリニックでも多くの体の素晴らしいケースに出会います。

嗅覚を失ったJoeさん20代。嗅覚が回復する。

喘息もちのVeronicaさんの40代。朝の喘息が治まる。

これらの回復は決して、薬や手術から起こったことではなく、体が本来持つ自分の自然治癒力を発揮したから。

カイロプラクティックの大切な哲学の中にこんな言葉があります。

「人間の体は、常に健康になるようにプログラムされています。人間はただ単に、健康を阻害する物や環境を極力なくすことで、常に健康になります。」
•インフルエンザで熱がでるのは、体の免疫システムが戦っているから。熱がでるのは、予防接種を打ち忘れたからではありません。
•タバコをやめた瞬間から、肺の細胞は再生し始めます。
•神経の圧迫をカイロプラクティックによって取り除いた瞬間から、その神経に携わるすべての細胞や器官が健康になろうとします。

何歳であろうが、

どんな病気をもっていようが、

どんな環境にいようが、

体はシンプルです。

常に健康になろうとしています。

体に過剰に人間が生み出した物質を投与すると異常が起こるのは当然です。

こちらが、ワクチンを受けた子供と受けていない子供の症例比較。

アレルギー。予防接種を受けた子供=40%の有病率。予防接種を受けていない子供=10%未満の有病率。

喘息。予防接種を受けた子供=6%の有病率。予防接種を受けていない子供=2.5%の有病率。

花粉症。予防接種を受けた子供=10.7%の有病率。予防接種を受けていない子供=2.5%の有病率。

自己免疫疾患。予防接種を受けた子供=13%の有病率。予防接種を受けていない子供=7%の有病率。

中耳炎。予防接種を受けた子供=11%の有病率。予防接種を受けていない子供=0.5%未満の有病率。

副鼻腔炎。予防接種を受けた子供=32%の有病率。予防接種を受けていない子供=1%未満の有病率。

自閉症。予防接種を受けた子供=100人に1人。予防接種を受けていない子供=7800人に4人。

untitled

自分たちで、大切な子供を、もっとも健康なかたちで育てる。それには、予防接種だけではなく、健康に対する意識と知識が必要です。

このブログのシェアをお願いします。ひとりでも、多くの子供が最高に、めっちゃ、健康に!!!Be Healthy! Be Happy!

参考文献
•過去の私のブログ。本当の健康とは!?https://drakioshita.wordpress.com/2012/05/17/%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e6%9c%80%e9%ab%98%e3%81%ae%e8%b2%a1%e7%94%a3%e3%81%af%ef%bc%9f/

•11516のケースをもとに、予防接種を受けていない0歳から2歳までの、アトピー、喘息、偏頭痛、自閉症、注意欠陥症候、中耳炎などのケースを、予防接種を受けた子供とくらいるリサーチです。http://www.vaccineinjury.info/vaccinations-in-general/health-unvaccinated-children/survey-results-illnesses.html


•アメリカの政府機関CDCの0歳から18歳までに予定されている予防接種(ワクチンの)公式文 http://www.cdc.gov/vaccines/schedules/downloads/child/0-18yrs-11×17-fold-pr.pdf

•ワクチンの仕組みをもっと、生物学的に分析したYoutubeビデオです。なぜワクチンは効果が無いのか。。。英語ですがその仕組みを。Dr.Natasha Campbell-McBride のYoutubeから。http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=GjJhh47Emao&list=PLCAF30F79A5F92FB8


•ワクチンのサマリーをDr. Mercolarのウェブより
http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2011/11/01/more-parents-waking-up-to-vaccine-dangers.aspx

本日より通常通り営業致します。
元旦に3つの目標を立てました。
この目標を達成出来るように頑張っていきたいと思います。
今年も勉強に追われる一年になりそうだなぁ・・・。


父ちゃん頑張るよ。患者さんと家族の為に。

年末年始休診日のお知らせ。


12月28日(日)~1月4日(日)


ご不便お掛け致しますが、ご了承ください。
また、年末は予約が大変混み合いますので、事前の早めのご予約をお願い致します。


花みずきカイロプラクティック院

お電話にて・・・・。

患者さん「そちらは保険が効きますか?」

私「当院は保険は効きません。4500円頂いております。」

患者さん「じゃぁいいです。」

私「・・・・・」


こんなやりとりがよくあります。

大事なところって、保険が効くか効かないかですかね?

そうではなくて、その症状を的確に判断して、その症状を改善出来るかどうかではないでしょうか?

保険が効くからといって、電気治療の為、毎日通院し、全く改善しないのでは、お金と時間の無駄です。

保険が効く治療院(接骨院さんなど)でも、いい先生も沢山いると思います。

また、保険が効かないところでも、いい先生も沢山いると思います。

保険が効くか効かないかで判断するのでなく、その症状を的確に判断して、その症状を改善出来る先生に出会えるかが重要だと思います。


私もそんな絶対的な先生に近づけるように日々勉強しています。
まだまだまだまだ先は長いけど。



朝7時より資格取得に向け勉強中↑

12月1日(月)は研修の為、臨時休診させて頂きます。
ご迷惑お掛けしますがよろしくお願い致します。

その他、12月の研修は
12月14日(日)
12月20日(土)午後
12月22日(月)午後
以上になります。

多くの患者さんを診させて頂いておりますが、共通して言える事、それは「運動不足」です。

当院では内臓疾患の患者さんも多いですが、まだまだ半分以上は腰痛や肩こりなどの症状の方です。
その痛みなどを訴える患者さんの殆どが、「運動不足」です。
姿勢が悪く、普通より太っていて、いつもPCの前で長時間仕事をしている、そんな方が痛みを訴えて来院される傾向が多いです。
膝が痛い、腰が痛い、それはその生活習慣が原因だからです。

私も最低1週間に1回は市内のスポーツジムに通っておりますが、そこで会う顔ぶれは、当院の患者さんではありません。
皆さん初めまして。

どういう事かと言いますと、スポーツジムに通っているような方々は、健康や身体に意識が高い方ばかり。
肩こりや腰痛など痛みなどの症状とは無縁という事です。 *注1

スポーツジムに通っていないような方々ばかりが、私の患者さんなのです。

当院は患者さんに定期的に来て欲しい事が願いではありません。
カイロプラクティックを通じて真の健康を知って頂き、そして健康に向き合ってもらう事、
そして10年後もいきいきと生活してもらいたいだけです。

カイロプラクティックに通う様になって、健康の意識が高くなった って言ってもらえれば、その方への私の使命は終了です。

生活習慣の見直しが出来れば健康にいられます!
beHAPPAY!

注1 ジムに通っている方はカイロプラクティックは必要ないという訳ではありません。
    むしろ健康に意識が高い方々なので、是非カイロプラクティックの話を聞いてもらいたいです。
    きっと、カイロプラクティックの考え方に共感して頂けると思います。

最近は、掛川市や牧之原市からの新規の患者さんが多いなぁ・・・。
西からの患者さんが来てくれるのは嬉しいですね。
しかも殆どがご紹介。
ありがたい事です。


静岡の人の流れの傾向は、

金谷から東の地域は静岡へ向かい、

菊川市から西の地域は浜松へ向かう。

食事でも服を買いに行くにも病院もこんな人の流れが傾向にある。

ちょうど車のナンバープレートが変わる境目ですね。

この人の流れを覆し、菊川市や掛川市、袋井市、磐田市などから来てくれる患者さんも多くなってきたのは、本当にうれしい。

もっともっと県外の患者さんに頼られる存在になりたい。

プレッシャーもきつくなるけど。

法制化

1895年にD.Dパーマーがカイロプラクティックを発見してから119年が経ちました。
今では44の国と地域で法制化されています。(2012年現在)
もはやカイロプラクティックは世界的に認知されたヘルスケアと言えます。

カイロプラクティックは整体と違います。
カイロプラクティックは科学的根拠に基づき、矯正(アジャストメント)しています。
先進国の中でカイロプラクティックは法制化されていないのは日本くらい。
色々な団体が反対しているんでしょうね・・・。

法制化されていない今は、本場アメリカのカイロ大学を出た先生も、4年制のカイロ大学(TCC)を出た先生も、1~2週間の講習を受けただけの先生も、布団や枕を売っている先生も同じカイロプラクティックです。
患者さんは全く解りません。
怖いですよね。

早く法制化されてそして淘汰され、患者さんが安心してカイロプラクティック院を選べる時代が早く来てもらいたいです。

私がよそ様を否定する立場ではありませんが、私はカイロプラクティックを正しく学び、正しく患者さんに伝える為、常に勉強をしています。
それだけは自信をもって言えます。
患者さんの為、一生かけて勉強していきます。


↑法制化されている44の国と地域

前のページ 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22

page top