新着情報

カイロプラクティックで熱が下がる??

そう下がるんです。

風邪が治るんです。

何故なら、自然治癒力が最大限に高まるからです。

カイロプラクティックは腰痛や肩こりを治すところではありません。

サブラクセーションという神経圧迫を改善して、患者さんの持っている自然治癒力(イネイトインテリジェンス)を最大限に高めてあげる仕事です。

治すのは私ではなく、患者さん自分自身です。

実際の話


6月28日(土)
知り合いの娘さん高校1年生が夕方から風邪と思われる高熱が出ました。
39.5℃ フーフーしてます。便秘もあり。
知り合いなので往診して、その方の家にあるダイニングチェアーでアトラス(頸椎1番)をガンステッドでアジャストメント(矯正)。ASRP

6月29日(日)
午前 同じくアトラス(頸椎1番)をアジャストメント。

夕方 熱は下がって来た模様。
    同じくアトラスをアジャストメント。

6月30日(月)
熱は平熱に戻り、便秘も解消。

7月1日(火)
その妹 中学1年生が夕方から高熱に。
風邪がうつったのかな?
38.3℃

20時くらいに、アトラス(頸椎1番)をガンステッドでアジャストメント(矯正)。ASLA
翌朝、熱は下がり元気に学校に行ったとの事です。


このように、風薬なんて飲まなくても風邪は治ります。
2人とも、薬は全く飲んでいません。
私のアジャストメントだけです。


普通の人は、風邪をひいたとき、薬を飲みます。
薬が効いて風邪が治ったという錯覚に陥りますが、
ただ薬によって、症状を一時的に抑えただけで、治すのは自分自身の自然治癒力です。
ここに早く気付いてほしい。

もちろん、高熱で危険な場合は、薬によって熱を下げた方がいい場合もありますが、
たいていは食事を控えて腸を休ませ、体温くらいのおさ湯を飲んで、温かくして寝てれば治ります。
そしてカイロプラクティック。

お肉など栄養のあるものを食べてなんて・・・そんな事したら腸は休まらず、そこにエネルギーが使われてしまって治りが悪くなります。

薬の副作用で死者が出ているニュースを良く見ますよね。
早く気付いてほしい。

こんな複雑で神秘的な人間は、薬なんかでは制御出来ない!
制御出来るのは自分自身の脳だけです。


島田市 花みずきカイロプラクティック院

今日の新規患者さんには、カイロプラクティックの説明がしっかり伝わったと思う。

そういう時は実に気持ちがいい。

患者さんから、痛み止めは嫌いだからっていう方は、話が早い。

カイロプラクティックは反薬の立場でいます。

薬では身体は制御出来ません。

薬で制御してしまったら、そこには副作用が待っています。

正しいカイロプラクティックを普及していくのは私の使命です。

田舎町島田市からカイロプラクティックをひろめて行こう。

カイロプラクティックで症状を改善していくには、アジャストメント(矯正)の回数ではなく、アジャストメント(矯正)の周期がとても重要です。
いつアジャストメントをして、いつアジャストメントをやめるのか。

患者さんがいち早く改善する為に、来院周期をご提案しております。
これを必ず守って下さい。
でないと、お金と時間が勿体ないです。
症状がある程度あっても、1週間に1回程度でいい方もいますし、1週間に3回必要な人もいます。
私がむやみに来て欲しいから言っているのはなくて、患者さんのいち早い改善の為にご提案しています。

カイロプラクティックはお医者さんではありません。
痛い時だけ来院するの所とは違います。
お医者さんは痛い時に行って、痛み止めなどの処方をしてもらうところですが、
カイロプラクティックは原因となっているサブラクセーションを改善するところです。

きつい事を言いますが、患者さん自身の判断で痛い時(症状がある時)だけ来院されるようでしたら、病院をお勧め致します。
それでは、サブラクセーションは改善出来ませんし、なによりお金と時間の無駄で、残念ですが改善も期待出来ません。

以下当方のHPより
整体とカイロプラクティックの違い>7つの誤解
6)矯正の回数ではなく、矯正の周期が大事です。

矯正しても周りの筋肉及び靭帯によって自然に元に戻ってしまいます。早い方でその当日、長くても約1ヶ月で元に戻ってしまいます。
ですので矯正の間隔が重要になるのです。矯正して戻ってしまう前に次の矯正をしなくては全く意味がありません。
最初は大変だと思いますが、矯正の間隔はなるべく守って下さい。
放置すれば椎間板は薄くなり、骨もどんどん変形してしまいます。
悪化した骨は改善するのにもっともっと時間が掛かってしまいますので、要注意です。


花みずきカイロプラクティック院 7つの誤解

幼稚園児など小さな患者さんが最近多いので、子供用の患者着を専用に作りました。
色は黄色です。


ちなみに当院では、妊婦さん、大きい方用に特大サイズも特注でご用意してあります。

是非ご利用ください。

花みずきカイロプラクティック院

ワールドカップ盛り上げっていますね。
本田圭佑の首の傷が最近メディアに取り上げられましたね。
あの傷は、多分バセドウ病の手術跡です。


バセドウ病(甲状腺機能亢進)とは、甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。

症状としては、暑がり、疲れやすくなり、動悸、怒りっぽい、血圧の上昇、頻脈、排便の回数が増えます。そして5人に1人の割合で眼球突出です。

本来のパフォーマンスが発揮されていない本田、眼球突出、そして首の傷痕・・・
多分、バセドウ病ですね。

このバセドウ病は薬や手術しなくても、カイロプラクティックでアプローチ出来ます。
殆どが、後頭骨から頸椎5番までの副交感神経系のサブラクセーションによっておこります。
ここのサブラクセーションを正し、甲状腺に正常の神経伝達が行えるようになれば、自分の力で症状は改善していく事でしょう。

本田がカイロプラクティックを知っていたら、手術というこんな結果にならなかったかもしれないのに・・・。

日本ではカイロプラクティックは国家資格でないので、技術や知識、安全教育に関してもバラバラです。
今後法制化が進み、国民にもっともっと信頼してもらえるようになればいいなぁと思います。

正しいカイロプラクティックが広まる事を願って。

花みずきカイロプラクティック院HP

今月の研修

今月の研修のお知らせです。

6月7日(土)午後より
6月8日(日)
6月14日(土)朝から
6月15日(日)
6月21日(土)午後より

14日は休診になります。
ご不便お掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
いっぱい勉強して、皆様に還元致します。

当院に症状を抱えてくる方は共通部分が非常に多い気がします。

それは、運動不足。

運動・休息・栄養 この3つがバランスよく保てれば、健康でいられます。

運動しましょうって声かけても、帰ってくる返事は「時間がない」って。

それはいい訳です。時間はつくるものです。

私もよくジムに行きますが、そこで見かける顔ぶれは、当院の患者さんにはいません。

それはみんな健康だからです。

もし、総合病院に行ったなら、当院の患者さんは必ずいる事でしょう。

10年後どうしてたいですか?

逆にどうしていたくないですか?

10年後の自分をイメージして今を過ごしましょう。

あなたの健康は私の力、カイロプラクティックの力だけでは達成できません。

あなた次第。

私は産まれてこのかたタバコを吸った事はありません。

先日タバコの自動販売機で金額をみてビックリ!セブンスターって460円もするんですね。

高い・・・。

なんで、こんな高いお金を払って、わざわざ毒を身体にいれるんだろう・・・。

私達カイロプラクティックの仲間では、タバコを吸っている人は見たことありません。

それは、健康の大事さが解っているから。

タバコという毒素がサブラクセーションを作ってしまうのを知っているから。


10日で4600円、20日で9200円・・・。

10日おきにカイロプラクティックのアジャストメント受けれるじゃん。

10日分のタバコとカイロプラクティックのアジャストメント 同じくらいの金額だけど、健康という観点から比べれば数十倍以上の差があると思う。

お金の使い方を間違っている気がする。

病気になってから気づくんだろうな・・・。

手遅れです。

事後報告ですが、5月10日(土)、11日(日)に東京に研修に行ってきました。

10日はまず最初に身体のメンテナンスに塩川貴士D.C.にアジャストメント(矯正)受け、モーションパルペーションスクール。

11日はガンステッドスクール、そのあとは哲学の勉強。

そして21時過ぎに帰宅しました。

24日(土)も身体のメンテナンスでアジャストメント(矯正)受けに行き、トムソンテクニックのスクールにも参加してきます。

2014年2月より土曜日午後を休診させて頂き、このように研修と自分の身体のメンテナンスの為に東京へ通っています。

勉強した事はきっといつか皆さんに還元できると思います。

そして、身体のメンテナンス。

私も東京に通っています。

健康でいる為に症状がなくてもケアが必要だからです。

皆さんも遠いとか混んでるからなんて言わずに、身体のケアに来てくださいね。

10年後の自分の為に。

みなさん健康について考えてみて。
カイロプラクティックは皆さんを健康に導く事が出来る唯一の職業です。
大下D.C.のブログよりシェアさせて頂きました。


アップの創始者スティーブジョブは50代の若さでなくなりました。

彼の私生活は、まったく知りませんが、おそらく裕福な家庭だと想像します。

銀行には55000000000ドルのお金があり、世界中の人がIpodやアップルの製品を使い、

彼の認知度は世界中に知れわたり、この世紀でChangeを起こした人だと思います。

神様の意図とはいえ、50代の若さで亡くなられ、多くの人に惜しまれたことは間違いないことだと思います。

そういったニュースを目の当たりして考えることは、

「あなたの最高の財産とは?」

ある人は、「お金」と答えるかもしれません。

ある人は、「自分の仕事」と答えるかもしれません。

ある人は、「友達」とこたえるかもしれません。

ある人は、「家族」と答えるかもしれません。

ある人は、「神様」と答えるかもしれません。

どの答えも、その人によって違いますが、100%正しいことは、

もし、あなたの財産が「健康」だったら、

もっとお金を稼ぐことができるし、

もっと自分の会社を発展できるし、

もっと友達といい時間を過ごすことできるし、

もっと家族と素敵な時間を過ごすことできるし、

もっと神様のために働くことができます。


これは、「Fact = 真実」です。

ほんとに心のそこから思うことは、

すべての人の最高の最高の財産が「健康」あって

その人自身の最高のポテンシャルを社会や家族に使ってほしいと思います。

その「健康」は、

お医者さんから与えられるものでもなく

自分自身が作り出すもの。

これは、「Belief =考え出されたもの」ではなく「Fact = 真実」です。

ここアメリカは

もっともメディカルで

もっとも処方箋が飛び交ってる中で

もっとも薬が体の中に入っている社会で臨床するうえで

最近とくにそう思わされます。

昨日の、臨床の話。念を押します。昨日だけの新患のケースです。

30才の幼稚園の先生が新患で来られました。

週の半分以上は頭痛があり

つねに疲れていて

背中のはりで痛みを持ち

うつで薬を服用。

21歳の学生が新患として来られました。

週三回以上の頭痛。

眠れないため、睡眠薬を頻繁に服用。

36歳のホテルマネジャーが新患として来られました。

7-8年以上の肩のコリと痛み。

常に痛み止めで、7-8年間乗り切りました。

60代の家のインスペクターが新患として来られました。

両膝の人工関節

足の痺れ

腰椎2番から5番までの手術(椎弓切除術)

30代のエンジニアが新患として来られました。

来週からアラスカに旅行に行く前に

腰痛悪化

歩くのもままならず

腰を前に曲げれず3日間。

一見、すごい稀なケースに聞こえますが、

ここアメリカでは、ごくごく普通のケース。

昨日1日の出来事です。たった1日の出来事です。

日本もそういった方向に、行かないように1人1人ができることもっともっと考えないといけない思いました。

素晴らしいことは、

何歳であれ、

どんな症状を持っていようが、

どんな病気を持っていようが、

「健康」的な生活をはじめれば、体は健康のその方向に向かいます。

20年の喫煙も、やめた瞬間から、体は健康になろうとします。

これも「FACT=真実」です。

希望は大いにあります。自分自身できることは、山ほどあります。これを読んでくださった方もいろいろなことができます。

Be Healthy! Be Happy!

このブログのシェアをお願いします。まだまだ多くの人が、「健康」と言う財産を発見していないのも事実。


大下D.C.のブログよりシェアさせて頂きました。

前のページ 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24

page top