新着情報

7月の研修予定は以下の通りです。

7月12日(土) PM
7月13日(日) 終日
7月20日(日) 終日
7月26日(土) PM

患者さんの為に一所懸命勉強してきます。
あと、身体のメンテナンスの為、症状はありませんが、
カイロプラクティックのアジャストメント(矯正)を受けてきます。

アジャストメントを受けるのも勉強です。
タイミング、深さ、スピード、遊びの取り方、症状の応じて交感・副交感どこを攻めるか・・・・などなど、
本当の治療の中から感じてきます。

2005年7月8日に開業して以来、本日で9周年を迎える事が出来ました。
ひとえにご愛顧頂いております患者様のおかげです。
ありがとうございます。

あと、家族や先祖にも感謝しないといけません。
いつも支えてくれてありがとう。

これからももっともっと技術を磨き、そして解剖学・生理学などの座学も勉強して、皆様のご期待に応えれるようなカイロプラクターになりたいと思います。

そして、静岡で一番頑張っているガンステッドカイロプラクターになります。
静岡のカイロプラクティックって言えばあそこだよねって、県外の先生からもご紹介頂けるようにガンステッドカイロプラクティックを極めて行こうと思います。

浮気せずにこのテクニックを一生かけて追及してしていこうと思います。

将来は認定資格をとって、大好きなサッカーチームを任せてもらえるようなカイロプラクターになりたいです。
(公言すれば叶う)

患者さんの声を大募集しております。

カイロプラクティックを受けて、身体にこんな変化が出た。
カイロプラクティックを知って、健康に向き合うようになったなど、患者さんからの生の声を募集しております。

皆様の声が私の励みになります。
ご協力お願い致します。

*以前、直接声をお掛けして、コメントをお願いした患者様 私は覚えていますよ(笑)
 いつでも構いません。お時間が出来ましたらコメントお願い致します。

カイロプラクティックで熱が下がる??

そう下がるんです。

風邪が治るんです。

何故なら、自然治癒力が最大限に高まるからです。

カイロプラクティックは腰痛や肩こりを治すところではありません。

サブラクセーションという神経圧迫を改善して、患者さんの持っている自然治癒力(イネイトインテリジェンス)を最大限に高めてあげる仕事です。

治すのは私ではなく、患者さん自分自身です。

実際の話


6月28日(土)
知り合いの娘さん高校1年生が夕方から風邪と思われる高熱が出ました。
39.5℃ フーフーしてます。便秘もあり。
知り合いなので往診して、その方の家にあるダイニングチェアーでアトラス(頸椎1番)をガンステッドでアジャストメント(矯正)。ASRP

6月29日(日)
午前 同じくアトラス(頸椎1番)をアジャストメント。

夕方 熱は下がって来た模様。
    同じくアトラスをアジャストメント。

6月30日(月)
熱は平熱に戻り、便秘も解消。

7月1日(火)
その妹 中学1年生が夕方から高熱に。
風邪がうつったのかな?
38.3℃

20時くらいに、アトラス(頸椎1番)をガンステッドでアジャストメント(矯正)。ASLA
翌朝、熱は下がり元気に学校に行ったとの事です。


このように、風薬なんて飲まなくても風邪は治ります。
2人とも、薬は全く飲んでいません。
私のアジャストメントだけです。


普通の人は、風邪をひいたとき、薬を飲みます。
薬が効いて風邪が治ったという錯覚に陥りますが、
ただ薬によって、症状を一時的に抑えただけで、治すのは自分自身の自然治癒力です。
ここに早く気付いてほしい。

もちろん、高熱で危険な場合は、薬によって熱を下げた方がいい場合もありますが、
たいていは食事を控えて腸を休ませ、体温くらいのおさ湯を飲んで、温かくして寝てれば治ります。
そしてカイロプラクティック。

お肉など栄養のあるものを食べてなんて・・・そんな事したら腸は休まらず、そこにエネルギーが使われてしまって治りが悪くなります。

薬の副作用で死者が出ているニュースを良く見ますよね。
早く気付いてほしい。

こんな複雑で神秘的な人間は、薬なんかでは制御出来ない!
制御出来るのは自分自身の脳だけです。


島田市 花みずきカイロプラクティック院

今日の新規患者さんには、カイロプラクティックの説明がしっかり伝わったと思う。

そういう時は実に気持ちがいい。

患者さんから、痛み止めは嫌いだからっていう方は、話が早い。

カイロプラクティックは反薬の立場でいます。

薬では身体は制御出来ません。

薬で制御してしまったら、そこには副作用が待っています。

正しいカイロプラクティックを普及していくのは私の使命です。

田舎町島田市からカイロプラクティックをひろめて行こう。

カイロプラクティックで症状を改善していくには、アジャストメント(矯正)の回数ではなく、アジャストメント(矯正)の周期がとても重要です。
いつアジャストメントをして、いつアジャストメントをやめるのか。

患者さんがいち早く改善する為に、来院周期をご提案しております。
これを必ず守って下さい。
でないと、お金と時間が勿体ないです。
症状がある程度あっても、1週間に1回程度でいい方もいますし、1週間に3回必要な人もいます。
私がむやみに来て欲しいから言っているのはなくて、患者さんのいち早い改善の為にご提案しています。

カイロプラクティックはお医者さんではありません。
痛い時だけ来院するの所とは違います。
お医者さんは痛い時に行って、痛み止めなどの処方をしてもらうところですが、
カイロプラクティックは原因となっているサブラクセーションを改善するところです。

きつい事を言いますが、患者さん自身の判断で痛い時(症状がある時)だけ来院されるようでしたら、病院をお勧め致します。
それでは、サブラクセーションは改善出来ませんし、なによりお金と時間の無駄で、残念ですが改善も期待出来ません。

以下当方のHPより
整体とカイロプラクティックの違い>7つの誤解
6)矯正の回数ではなく、矯正の周期が大事です。

矯正しても周りの筋肉及び靭帯によって自然に元に戻ってしまいます。早い方でその当日、長くても約1ヶ月で元に戻ってしまいます。
ですので矯正の間隔が重要になるのです。矯正して戻ってしまう前に次の矯正をしなくては全く意味がありません。
最初は大変だと思いますが、矯正の間隔はなるべく守って下さい。
放置すれば椎間板は薄くなり、骨もどんどん変形してしまいます。
悪化した骨は改善するのにもっともっと時間が掛かってしまいますので、要注意です。


花みずきカイロプラクティック院 7つの誤解

幼稚園児など小さな患者さんが最近多いので、子供用の患者着を専用に作りました。
色は黄色です。


ちなみに当院では、妊婦さん、大きい方用に特大サイズも特注でご用意してあります。

是非ご利用ください。

花みずきカイロプラクティック院

ワールドカップ盛り上げっていますね。
本田圭佑の首の傷が最近メディアに取り上げられましたね。
あの傷は、多分バセドウ病の手術跡です。


バセドウ病(甲状腺機能亢進)とは、甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。

症状としては、暑がり、疲れやすくなり、動悸、怒りっぽい、血圧の上昇、頻脈、排便の回数が増えます。そして5人に1人の割合で眼球突出です。

本来のパフォーマンスが発揮されていない本田、眼球突出、そして首の傷痕・・・
多分、バセドウ病ですね。

このバセドウ病は薬や手術しなくても、カイロプラクティックでアプローチ出来ます。
殆どが、後頭骨から頸椎5番までの副交感神経系のサブラクセーションによっておこります。
ここのサブラクセーションを正し、甲状腺に正常の神経伝達が行えるようになれば、自分の力で症状は改善していく事でしょう。

本田がカイロプラクティックを知っていたら、手術というこんな結果にならなかったかもしれないのに・・・。

日本ではカイロプラクティックは国家資格でないので、技術や知識、安全教育に関してもバラバラです。
今後法制化が進み、国民にもっともっと信頼してもらえるようになればいいなぁと思います。

正しいカイロプラクティックが広まる事を願って。

花みずきカイロプラクティック院HP

今月の研修

今月の研修のお知らせです。

6月7日(土)午後より
6月8日(日)
6月14日(土)朝から
6月15日(日)
6月21日(土)午後より

14日は休診になります。
ご不便お掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
いっぱい勉強して、皆様に還元致します。

当院に症状を抱えてくる方は共通部分が非常に多い気がします。

それは、運動不足。

運動・休息・栄養 この3つがバランスよく保てれば、健康でいられます。

運動しましょうって声かけても、帰ってくる返事は「時間がない」って。

それはいい訳です。時間はつくるものです。

私もよくジムに行きますが、そこで見かける顔ぶれは、当院の患者さんにはいません。

それはみんな健康だからです。

もし、総合病院に行ったなら、当院の患者さんは必ずいる事でしょう。

10年後どうしてたいですか?

逆にどうしていたくないですか?

10年後の自分をイメージして今を過ごしましょう。

あなたの健康は私の力、カイロプラクティックの力だけでは達成できません。

あなた次第。

前のページ 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25

page top