新着情報

9月28日~29日まで国際セミナーに参加致します。
この為、28日(土)と30日(月)はお休みさせて頂きます。
しっかり勉強してきます。

ご不便お掛け致しますが、ご了承下さい。

以下、セミナー紹介文

GMIは1968年にラリー・トラキセルD.C.によって作られたガンステッド・テクニック教育機関です。
トラキセルD.C.は、C.S.ガンステッドD.C.から直々に理論、テクニックを学びました。
1977年にガンステッドD.C.によって上級者向けのアドバンスセミナーを計画し、そのセミナーの講師として4人の優秀な先生が選ばれました。

その1人がトラキセルD.C.でした。GMIでは、インターン制度をとり入れ、学生の教育、そしてガンステッド・テクニックの継承を約41年間続けています。現在では、1000人以上もの人が、このインターン・プログラムを卒業し、全米でガンステッド・テクニックを広めています。

今回の講師であるロン・ディオットD.C.は塩川満章D.C.とパーマ大学時代の同級生でもありました。共にパーマ大学ではトラキセルD.C.によりガンステッド・テクニックを学びました。その後、ロン・ディオットD.C.はGMIの理事長として就任していました。

1日目
「サブラクセーションのさらなる追究」をコンセプトにして、GMIの長い臨床経験から独自の「5つの評価」を学びます。また、レントゲンが無い中でサブラクセーションの評価方法を学びます。

2日目
ガンステッドD.C.から直接学んだディオットD.C.により、GMIの長い臨床経験から得たアドバンス的なケース・マネージメントを学びます。また、ガンステッド・テクニックの四肢について学びます。


セミナーもそうですが、色々な先生と熱いトーク(飲み会?)が楽しみだぁ。


花みずきカイロプラクティック院

Lineとフェイスブックはじめました。

流行り物には、あまりのりたくないと勝手に思い込んでいまして・・・。

やれば楽しいですね。

しかしプライバシーなど怖い部分もあります。

ほどほどに楽しみたいと思います。

ストレスはやっぱり天敵。

身を持って体感しております。

肩こりスゲー。

腰も重い。

ストレスのない生活にしたいものですね。

昨日は家族で御前崎みなと祭りに行ってきました。

今年で3回目。

恒例行事になってきました。

昼は海水浴。

夜は花火大会。

そんな流れ。

今年はラッキーな事がありました。
カツオが空から降ってきたのです。


海水浴中突然始まった、海の男の祭り「だっくら」

荒々しく、海におみこし担いで入っていく若い男衆(よっぱらい多数)

その後、餅まきが始まりました。

お餅の中には何点か当たりが入っていて、商品はなんと生のカツオ。

それが当たっちゃいました。

今年はいい事あるね。

妻がさばき(youtubeをみながら)、竜田揚げにして食べましたとさ。


帰りは大渋滞・・・。
今年は少し警備を変えたようです。
やられた・・・。

以下の通り夏季休暇を頂きます。

ご不便お掛け致しますがご了承願います。

 

8月11日(日)~14日(水)

 

今日は誰の誕生日でしょう?

島田市でカイロプラクティックの理念を正しく守り施術をおこなっている、わたくし孕石尚志の誕生日です。

40歳を迎えました。

もうおっさんです・・・・。

1973年7月27日島田市(旧金谷町)に誕生しました。

大代と根岸のハーフである。

五和保育園を経て、五和小学校卒業。

金谷中学を留年なく卒業。

・・・中略・・・・

塩川満章DCと出会い、本物のカイロプラクティックを学ぶ。

現在に至る。

塩川DCとの出会いが私の人生を変えました。
この出会いも必然ですね。

今でも大変お世話になっております。
ありがとうございます。


花みずきカイロプラクティック院

今日は誰の誕生日でしょう?

この方の誕生日を知らないと、ガンステッドやる資格なし!

ガンステッドテクニックの創始者 C.Sガンステッドの誕生日です。

1898年7月24日アメリカ、サウスダコタ洲のウィロー・レイクに誕生した。

重度のリウマチ性関節炎を患い、カイロプラクティックによって救われた。

その後パーマー大学に入学。

ガンステッドは、D.D.パーマーと親しかったJ.B.オルセンの教えによるD.D.パーマーの影響を間接的に受け、さらにはB.J.パーマー直々の教えを心に留め、多くの臨床経験を積んでいった。そして、彼独自のガンステッド理論を確立していくこととなる。

1978年没(80歳)

死去する前日まで治療をしていたそうです。

とても偉大なカイロプラクター。

この方を超える人はもう出ないと思います。


花みずきカイロプラクティック院

秋葉原にて

先日の日曜日、東京に研修に行ってきました。

毎度の事ですが、モチベーションがあがったり、下がったり・・・

カイロプラクターはある意味メンタルな職業ですね。



そんな中、ガンステッドを愛する同士、食事会が開催されました。
ラットホール作ってはいポーズ!

この食事会、ガンステッドの話で盛り上がると思いきや、男同士で風水の話・・・。
うーん・・・気持ち悪い。

でもそんな話は私は大好き。
昔から伝わる高島易断は、人生の色々な決断に利用します。

自分がカイロプラクティックをやっているのもすべて必然。
置かれている環境もすべて必然。
出会いも別れもすべて必然。


途中、スカイツリーがきれいでした。

先生方遅くまでお疲れ様でした。
またお会いしましょう。

野村先生お世話になりました。
色々ありがとうございました!

花みずきカイロプラクティック院


提携先のHP業者様が、サーバー及びネットワークの増強作業を行うため、HPの閲覧及び予約システムサービスが停止いたします。
長時間の停止となり、患者様には大変ご迷惑をお掛けすることとなりますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。


【期間】
2013年7月20日(土) 21時00分から
2013年7月21日(日)  6時00分まで (予定)

※終了時間は都合により変更になる場合があります

【サービス停止内容】
以下のサービスのご利用ができません。

・ホームページの閲覧
・予約システム
・お問合せ等のメールの送受信

以上

花みずきカイロプラクティック院

「パシリ」と隠し撮り。

私の趣味は隠し撮り。ってのは冗談で、女性が内股で歩いているところを撮ってみました。

すごく目についたんで。皆さんに見てもらいたくて。

このように、内股で歩いている女性本当に多いです。

内股で立っていたり、内股で座っていたり。

可愛いつもりかもしれませんが、全く可愛くありません。

こういう細かな生活習慣が身体を歪めるのです。


なんで矯正してもすぐに戻っちゃうんですか?って、

こういう生活習慣なのです。

何年も何十年も、同じようなくせで座っていたもの、同じようなくせで立っていたもの、同じようなくせで歩いている、

毎日同じような姿勢で仕事をしている。

それは矯正しても戻ってしまうのは当然です。

周りの筋肉や靭帯が悪い状態で何年、何十年と支えていた訳ですから、矯正しても不安定なので戻ります。

矯正を続けていくうちに安定していきます。

安定していくまでには矯正の間隔がとても重要。

3日で戻ってしまう骨を、患者さんの判断で1ヶ月後に来院されても治りません。

3日で戻ってしまうなら、3日以内で矯正が必要です。

これを繰り返していくと段々と、1週、2週間、3週間と筋肉・靭帯が再生して、保持する力がついていきます。

患者さんに沢山来てもらいたいから、3日後とか1週間後とか提案している訳ではありません。

治ってもらいたいから、だから3日後に来て下さいって提案している訳です。

ここを誤解して欲しくないです。

仕事など様々な理由があるかもしれませんが、身体を最優先にしてもらいたいです。

身体が健康であれば、長く仕事ができます。

何回か早退したり休んでもペイ出来るでしょう?

サブラクセーションは健康を害する最大の要因です。


話がそれましたが、日本人は歩き方が汚い。

以前テレビでみましたが、ミスユニバースなどを育てる訓練学校の外人教師が、日本に来て、日本人の歩き方が汚いのに愕然としたというのをみました。

本当にそう思います。

外人さんでO脚ってそんないないでしょ?

いい姿勢で歩く、皆さんにも心掛けてほしいです。


花みずきカイロプラクティック院

前のページ 26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36

page top