新着情報

この頃パーマースクールの先生達は皆、カイロプラクティックの哲学を話した。化学、骨学、解剖学などの先生も含む全ての先生が、時間を見てカイロプラクティック哲学を話した。

大学の食堂でも、学生達は哲学の話で持ちきりで、現在のパーマー大学とは違った雰囲気であった。誰もがカイロプラクティック哲学に興奮し、論議に夢中になった。

 B. J. パーマーは週に1回、講堂に全学生を集めた。夜の8時10分前に来て、8時になると「グットイブニング」と言って講義を始めた。1分でも遅れた学生には「ゴー ツウー ヘル(地獄へ行け)」と言ってドアに鍵を閉めた。講義中は誰も入れないし、トイレのために外に出ることも出来なくした。

B. J. はあらかじめ用意した原稿を読み、それが終わると哲学を話した。これが学生にとって最大の楽しみであった。

 有名な話だが、B. J. パーマーは毎日夜9時になると休み、朝3時には必ず起きて思いついたことをタイプすることを毎日行っていた。そのようにして出来たカイロプラクティック哲学を、夜8時に学生達を集め、話をしたのである。

学生達はB. J. パーマーの話に興奮し、パーマースクールは哲学によって大きな団結を得た。

 後にB. J. パーマーはこのような講義に疲れて、行わなくなったが、B. J. クリニックの中にあるB. J. パーマーがコレクションしたナイフの飾ってある部屋に、クレイは何人かの学生と共に行きB. J. パーマーから哲学の話を聞くのが楽しみであった。

4月4日(日)・4月13日(火)は研修の為、休診致します。ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

老カイロプラクターがクレイの背骨を矯正すると、大きな音がして骨が動くのがクレイ自身も解った。

その夜、クレイは久しぶりに熟睡することが出来た。

老カイロプラクターは16日間、毎日クレイを矯正して彼を糖尿病から解放した。この事でクレイはカイロプラクティックによりいっそう興味を覚えた。

 デモインでのカイロプラクティックの治療が終了して元気になったクレイは、キースバーグに帰り会社の顧問医のもとを訪れた。医師は、「今までどこへ行っていたんだ。」と聞くので、クレイは「私は専門家の所へ言っていたんです。名前はDr. ジェイムス・デルクです。」と答えた。医師はAMA(アメリカ医師会名簿)を調べ始めた。しかし名前がないのでクレイに尋ねると。「彼はカイロプラクターです。」とクレイは答えた。

医師は、「時には自然が威力を発揮するときもあるかも知れない。」と言った。

 クレイがカイロプラクティックに興味を覚えたもう一つの理由は、かつてクレイが働いていたシカゴの薬局で薬剤師をしていたエドゴルソンが、いつもカイロプラクティックの話をしていたからだ。なぜならば彼の弟がパーマースクール オブ カイロプラクティックを卒業して成功していたからだ。彼の弟はいつも兄であるエドに「薬なんかいらないよ、背骨を矯正したら病気は治るんだよ。」といつも言っていた。クレイはエドと一緒に、彼の弟のクリニックの見学もした。

 クレイは、「私が最初に糖尿病を患ったときに、Dr. デルクがカイロプラクティックの哲学を話してくれていたなら、私は10年早くパーマースクール オブ カイロプラクティックに入学していただろう。この事が唯一悔やまれることであった。」と後に話している。

 クレイは1945年の秋の学期に弟と2人でパーマースクールに入学した。

卒業後、弟もカイロプラクターになったが、2回も開業に失敗して音楽の道へ進んだ。

ラッキーだったことは、パーマースクールに入学してDr. ハーブ・ヘンダーに出会ったことだった。

彼がクレイをB. J. パーマーに紹介してくれた。また彼は彼のルームメイトであったDr. ニック・クィグリーにも紹介してくれた。

 クレイは彼ら2人を田舎のキースバーグへ連れて行き、クレイの所有するボートに乗って3人で釣りに行った。3人とも釣りが好きだったので金曜日になるとキースバーグへ行き、釣りをするのが週末の楽しみになった。

先日、自宅の庭に砂場を作りました。

娘の為に、一年くらい前から父親にお願いしていて、やっと都合が合い一緒に製作する事が出来ました。
サイズは900ミリ×1800ミリ。蓋となるコンパネにちょうど合わせました。
蓋は必要ですよね?ネコが寄ってきますから。

作業時間は3時間くらい。材料費は砂込みでだいたい一万円くらいでした。
急いで作ったので少々やっつけ仕事でしたが、なかなかの出来栄えです。
非日常的な作業で楽しかったです。
何年遊んでくれるかなぁ?

娘のお友達へ
暖かくなったら、遊びに来てね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
島田市・藤枝市・焼津市・静岡市・掛川市・袋井市・磐田市・浜松市・菊川市・牧之原市・吉田町・榛原町・相良町・川根町・川根本町などから来院されています。静岡県島田市旗指447-2 東京カイロプラクテイィック師協会認定治療院 花みずき整体院 http://hanamizuki-seitai.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クレイとカイロプラクティックの出会いは、父親が胆石の激痛に見まわれたときであったが、クレイ自身がカイロプラクティックを経験したのは丁度この頃であった。

クレイは急性の糖尿病を患い、勤めていた会社の嘱託医から、1週間から10日ぐらいしか持たないと言われてペギーや他の家族と話し合った結果、どうせ医学で治らないのなら、昔知り合ったカイロプラクターに診てもらおうということになった。

 クレイの父親を治したカイロプラクターはデモインに移り住んでいたので、クレイは汽車で彼のもとへ向かった。

クレイが10代の頃に出会った、そのカイロプラクターはすでに80才になっていた。

老カイロプラクターは、クレイに服を脱ぐよう指示をすると彼の背中を不思議な器具で測定するので「私は糖尿病で、背中は悪くないのです。」と言うと、老カイロプラクターはまず背中を調べさせてくれと言い、続けてレントゲン撮影を行った。

レントゲン写真を見ながら老カイロプラクターは「クレイ、この骨とこの骨がずれているのが解るか?」と言うのでクレイは「それは解りますが、糖尿病とは全く関係ないんではないですか。」と答えた。老カイロプラクターは「今に解るよ。」と言いアジャストルームに連れて行った。

つづく

花みずき整体院 藤枝市・焼津市・島田市

当院は、痛みを明日に引き連れない急性症状の方を、なるべくお受けするようにしています。

(この場合の施術時間は短いです。応急処置とお考え下さい。)

この為、事前にご予約頂いた方でも、少々お待ち頂く場合がございます。

ご予約頂いた方を最優先しておりますが、ご理解の程お願い致します。

昨日は暖かかったですね~。
静岡市の日本平動物園に行って来ました。
平日という事もあって、すごく空いていましたよ。

うちの娘は現在1歳3ヶ月、動物への反応もだんだん良くなってきました。
でも全ての動物を「わんわん」と言います・・・。

日本平動物園には爬虫類館にあがるリフトみたいなものがあって、それを登ると公園があります。
そこで、ふわふわドームという遊具を発見しました。
娘は動物よりも、ふわふわドームで大はしゃぎ。
よほど体力を使ったようで、帰り道はぐったりでした。

藤枝・焼津・島田より御来院頂いております。
花みずき整体院のホームページはコチラ

先日、インフォメーションでもご案内させて頂きましたが、明日17日は法事の為、臨時休診致します。ご迷惑お掛けしますがよろしくお願い致します。

以前アメブロでご紹介した記事です。
その橋どこにあるの?と良く聞かれるので地図もつけて再アップしました。

大井川には水路橋と呼ばれる橋があります。
昔からあった橋ですが、老朽化の為新しく造られました。

農業用水の為に、大井川の左岸で取水した水を右岸側に渡すために建造された水路橋です。
島田市神座と島田市横岡を結んでいます。橋上は車道(普通車のみ)と歩道があり一般の通行に解放されています。
車道は片側1車線の為、時間帯を別けて通行させています。
それぞれの橋の袂には守衛というか門番がいて、誤進入を監視してくれています。

その門番さんの経費も考えると、どうせ作るなら上下2車線作ればいいのに・・・と思っていました。
しかし地元の方のお話を聞くと、当初は車の通行は構想には入っていなかったようで、地元皆さんのがんばりによって、なんとか1車線の車道を確保してくれたようです。
そう思うと関わって頂いた方々には感謝、感謝です。

水路橋の管轄は農林水産省、道路は国土交通省。
連携がよければ、無駄な税金が節約できたのに・・・。

◆通行時間は以下の通りです。(午前6時より午後8時まで)。
島田⇒金谷(下り) 6:00~7:45   10:00~11:45   14:00~15:45   18:00~19:45
金谷⇒島田(上り) 8:00~9:45  12:00~13:45  16:00~17:45

国一バイパス渋滞時の回避路として私もよく利用しています。
掛川・浜松・袋井・磐田からも多くの患者さんがみえますが、もしバイパス渋滞していたらこっちの道を覚えておくといいですよ!この前の御前崎沖地震の時、東名が閉鎖された時も大活躍でした!
金谷側から当院までだいたい15分くらいです。

場所はコチラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
島田市・藤枝市・焼津市・静岡市・掛川市・袋井市・磐田市・浜松市・菊川市・牧之原市・吉田町・榛原町・相良町・川根町・川根本町などから来院されています。静岡県島田市旗指447-2 東京カイロプラクテイィック師協会認定治療院 花みずき整体院 http://hanamizuki-seitai.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペギーもクレイと同じボタン会社で働いていたが彼女の収入は1週間で7ドル、クレイの収入が週に8~10ドルであった。世界大恐慌のため銀行も商店も閉めたままで、物を買うことすら出来ないほどひどい時代であった。クレイは少しでも生活を楽にするために農家に住み、ブラックベリーを作って売ることにした。

 クレイはセールスの才能にも長けており、300ドル分のブラックベリーを瞬く間に売ることが出来た。これは農家のオーナーが半年かけても手にすることの出来ない金額であった。

このようにしてクレイは大恐慌を運良く乗り切ることが出来た。もといたボタン会社も経営状態が良くないので、ペギーにデブンポートへ行こうと提案したら、快く彼女も承諾してくれたので二人でデブンポート移り住むことにした。

 デブンポートでは、隣町のイーストモーリンのジョンディアー社に雇って欲しいと願い出たが、なかなか雇ってもらうことが出来なかった。

しかしクレイはあきらめずに毎日ジョンディアー社へ通い、ようやくジョンディアー社の持っているオーケストラ楽団の一員として採用されることになった。

この楽団はクレイに時給30セントを払ってくれたので、週に9ドルの稼ぎになった。

 しばらくするとジョディアーは、クレイにメカニックの知識があることを知り、クレイをエンジニアとして研究部門に配属してくれた。

またクレイは、この部門で働きながらエンジニアの学位を取るために通信教育の学校に入学した。クレイの給料は今までより上がったが、同じ部門で働く油圧クラッチを発明したアールスタットの勧めで、2人でキースバーグに会社を興した。

しかしその会社も2~3年でだめになり、再度イーストモーリンのジョンディアー社の下で働くことになった。

つづく

はなみずき 整体 藤枝市・焼津市 ホームページはコチラ

前のページ 58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68

page top