小児カイロプラクティック

カイロプラクティックは大人だけのものではありません。
赤ちゃんのカイロプラクティックケアは1回分は大人の50回分の価値があります。

小児カイロプラクティックについて

小児カイロはこれからの「新しい小児ヘルスケア」です。
お子様の健康をサポートする「有効で安全な選択肢」として、小児カイロが日本中の家族に認知されることを目指しています。
子供たちの治癒力、免疫力、成長力、発達力が、どうすれば最大限に発揮されるのかを知って頂く事が非常に重要です。
薬や予防接種に頼らず、病気を繰り返さないための「知識と知恵」それが必要です。
カイロプラクティックケアで赤ちゃんと子供たち、そして家族全員で「最高の健康」を手に入れましょう!

小児カイロプラクティックの安全性

カイロプラクティックの本場アメリカでは、小児カイロプラクティックというジャンルが確立されており、小児科医と同等のステータスを持ち活躍されています。
アメリカのICPA(国際小児カイロプラクティック協会)から発行される認定資格で、CACCP(小児・妊産婦カイロプラクティック認定資格)という資格があります。
C.A.C.C.P.認定を受ける条件として、D.C.プログラム修了者であり、200時間の専門教育(12時間のセミナーを14回、および2つの調査研究への参加)を受講後に、認定試験(約50ページの論文形式)に合格する必要があります。
非常に高度で幅広い知識を要求される、小児カイロおよびマタニティカイロ分野の専門認定です。
当院ではこの難易度高いCACCPを日本で初めて取得された小畑良明D.C.(カイロキッズこうべ代表)より、直接ご指導を受け、小児カイロプラクティックケアを行っております。
また、お子様のケースについて必要に応じ、小畑D.C.よりアドバイスを頂くなど、継続的に連絡体制を取っております。

小児カイロプラクティックの安全性

小児へのケアは、大人の方のように強い圧でアジャストメント(調整)するような事は致しません。
非常に高度な専門的知識を駆使して、赤ちゃんの神経と骨格をチェックします。極めて安全な方法、安全な弱い圧でアジャストメント(調整)を行い、赤ちゃんが持つ成長力を最大限に引き出しながら、さまざまな問題を改善致します。

新生児カイロプラクティック
新生児期(生後すぐ~6ヶ月ぐらい)
よくあるトラブル
  • 向き癖
  • おっぱいを上手く吸えない
  • 片方のおっぱいばかりを飲む
  • 頭を枕や布団にこすりつける
  • 泣き止まない
  • 寝ない
  • 吐く事が多い
  • 身体が突っ張る
  • 体重が増えにくい

母親にとって大仕事である出産は、赤ちゃんにも同じ ように体に負担がかかりやすく、難産であれば尚更です。その負担は赤ちゃんの筋肉や骨格、そしてその中で保護されている神経に影響すると考えられています。 筋肉や骨格のバランスを整え、赤ちゃんにかかるストレスを取り除くことで、赤ちゃんの状態が改善される例は多くあります。
おっぱいトラブルに関しては、赤ちゃんがうまく吸えない、吸う力が弱い、口をしっかりと開けない、うまく飲み込めない、体重が増えにくい、これらのケースにも有効です。また、頭の向き癖や股関節の動きが悪い場合などは、 早期にバランスを整える事でより良い回復につながり、 安心して赤ちゃんの成長を見守ることができます。

乳児期(6ヶ月~2歳ぐらい)
よくあるトラブル
  • アレルギー症状
  • 下痢や便秘
  • 首がすわりにくい
  • 寝返りをしない
  • うつぶせを嫌がる
  • お座りが下手
  • ハイハイが真っ直ぐ出来ない

これらは、赤ちゃんの成長とともに改善することも見られますが、ストレスの無い最適な発育や成長のためには、 改善を「待つ」のではなく、成長の邪魔をする要因を 取り除くことをお勧めします。 おすわり、ハイハイ、立って歩く、情緒や言葉の発達などこの時期の赤ちゃんは一生のうちでもっとも活発に成長します。体の「基礎」が形成される大切な時間を より良いものにするために、カイロプラクティックは とても効果的と言えます。

幼児カイロプラクティック
幼児期(2歳~4歳)
よくあるトラブル
  • 免疫力の低下(風邪を引きやすい、治りにくい)
  • 熱性痙攣を繰り返す
  • 小児喘息
  • アトピー
  • 歩き方がおかしい
  • すぐ転ぶ
  • 靴を履くのに時間が掛る
  • 言葉が遅い

カイロプラクティックケアにより、神経機能の向上に直接的に働きかけ、血液やリンパの流れ、そして免疫力が整い、病気の繰り返しを防ぎます。
またアジャストメント(調整)によって神経の働きが改善され、子どもの成長に必要不可欠な運動や感覚の刺激がより効果的に伝わり、発達の遅れを取り戻すためのきっかけとして大きな力を発揮します。

幼稚園・保育園期(4歳~6歳)
よくあるトラブル
  • 免疫力の低下(風邪を引きやすい、治りにくい)
  • 落ち着きがない
  • 走り方や運動がぎこちない
  • 中耳炎を繰り返す
  • 夜尿症(おねしょ)
  • 発達が遅れている
  • 疲れやすい
  • おむつがとれない

小児カイロを受けるようになってから・・・「風邪をほとんど引かないし、病院に行かなくなった!」「落ち着きが良くなり、集中力が続くようになった!」「発達が良くなり、走り方や運動レベルが格段にあがった!」「姿勢が良くなった!」このようなコメントを多く頂きます。
血液やリンパや神経など、健康維持に必要不可欠なものは全て背骨を通っています。ですので、背骨が良くなると、免疫力や治癒力、回復力が最大限に発揮されますので、風邪やその他の病気を防ぎ、繰り返さなくなります。
脳と内臓のやり取りがスムーズであればあるほど、健康が高いレベルで維持できます。

児童カイロプラクティック
小学生期(7歳~12歳)
よくあるトラブル
  • 運動能力をもっと上げたい
  • 姿勢が悪い
  • 免疫力の低下(風邪を引きやすい、治りにくい)
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー(花粉・ハウスダスト等)
  • 側弯症
  • 疲れやすい
  • 落ち着きがない
  • 発達が遅れている
  • 学習能力が上がらない

からだの中心にある「脊柱」は、まさに「体の大黒柱」であり、とても重要な役割を担っています。
つまり、お子さんの体の成長とパフォーマンスを最適な形で実現するためには、からだの中心である「脊柱」にこそ目を向けるべき!
そう小児カイロは考えます。
例えば、運動能力を高めたり、スポーツを頑張る子供のパフォーマンス向上には、体の中心にある脊柱のケアが「必須」だと思いませんか?
脊柱の状態をベストにすることは、体のあらゆる動きもパフォーマンスも最高にするためには欠かせません。
また、子供の「正しい姿勢」は、「きれいな脊柱」が支えます。
例えば、勉強をがんばって受験合格を目指す子供たちの「学習能力向上」にも、小児カイロは貢献します。

page top