子宮の問題・不妊・流産

  1. 花みずきカイロプラクティック院HOME
  2. こんな方が来院されます
  3. 子宮の問題・不妊・流産

子宮の問題

ベッド

症状

生理痛。子宮内膜症。子宮筋腫。など

お医者さんでのアプローチ

痛みを抑える為、鎮痛薬を処方します。
十分効果が得られない場合は必要に応じて、内分泌療法を行います。
内分泌療法は、薬によってホルモンをコントロールします。人工的に閉経状態にしたり、男性ホルモンを誘導したりします。
薬には副作用があります。

カイロプラクティックでのアプローチ

カイロプラクティックでは、腰椎と骨盤に着目します。
脳からの神経が第1・第2腰椎を経由して子宮につながっていますので、この部位でのサブラクセーション(神経圧迫)が原因と考えます。
また、骨盤のねじれによって構造的に子宮の圧迫を起こして、症状が出る場合もありますので骨盤や仙骨も重要です。
子宮が脳の管理下にあれば、子宮の中に悪いもの(腫瘍など)ができても、それを正常の細胞に置き換えて修理していきます。
逆に、子宮が脳によって100%管理されていなかったら、子宮の中に悪いものが出来ても、脳が子宮を修理する事も出来ません。
これが子宮の病気の原因であると考えます。

気を付ける事

身体を冷やさない。(夏場でも冷たい飲み物や食べ物を摂取しない、エアコンは控える、靴下を履く)
運動をする。
ストレス発散をする。

不妊・流産

ベッド

症状

妊娠しない。二人目が出来ない。流産してしまう。など

お医者さんでのアプローチ

最初は〝タイミング法〟続いて人工的に精子を子宮に送り込む〝人工授精〟最後に培養液で受精させ子宮に戻す〝体外受精〟という順番で行われています。
保険適用の科目ばかりではなく、体外受精ですと自費になり1回あたり20万~50万円とかなり高額です。
女性は排卵誘発剤や着床率を上げる為の黄体ホルモン製剤、男性は精子の運動量を増やしたり、精子の数を増やす為に男性ホルモン製剤などを服用します。
この他にも人工授精や体外受精を受ける前段階でも、造影剤をはじめ様々な薬を服用します。
薬には副作用があります。

カイロプラクティックでのアプローチ

カイロプラクティックでは、腰椎と骨盤と胸椎に着目します。
脳からのエネルギーが子宮に正常に伝わるように、第1・第2腰椎のサブラクセーション(神経圧迫)を改善します。
子宮が脳の管理下にあれば、健康な卵を作る事も出来るし、正常に卵を排出する事も出来るし、着床しやすい環境にする事が出来ます。
逆に、子宮が脳によって100%管理されていなかったら、子宮は正常に機能せず、健康な卵も作れず、卵管も詰まりやすいし、着床しにくい状況になってしまいます。
これが不妊の原因であると考えます。
また、骨盤のねじれによって構造的に子宮の圧迫を起こして、不妊につながる場合もありますので、骨盤や仙骨もしっかり検査します。
また胸椎のサブラクセーションによって、甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンが正常に分泌していない事も原因のひとつです。

現在、不妊治療を受けている方にも効果があります。
子宮に脳からのエネルギーが100%伝達される事で、子宮が正常に機能し、健康な卵が産まれる可能性があるからです。
健康な卵が産まれれば、体外受精の確率もあがる事も期待できます。
また子宮の状態が良くなる事で、着床しやすい環境にする事も期待できます。

流産は子宮のねじれが大きな問題です。
腰椎や骨盤の歪みを正常になるように矯正していきます。
もちろん、脳からのエネルギーが子宮に正常に伝わるように、第1・第2腰椎のサブラクセーション(神経圧迫)も改善していきます

気を付ける事

身体を冷やさない。(夏場でも冷たい飲み物や食べ物を摂取しない、エアコンは控える、靴下を履く)
運動をする。
同じ悩みの仲間で集い、ストレスを貯めないようにする。