膝痛・腰痛

膝痛・腰痛

飲食店廃業まで悩んだ腰痛が劇的回復

50代女性
来院に至った経緯
飲食店を経営し毎日長時間立ち仕事をしている。立ち仕事もあって元々腰痛があり接骨院でマッサージや電気治療を受けてしのいでいた。いつもはすぐに症状が改善し、仕事にも支障がなく過ごしていたが、3年前から右腰の痛みが取れなくなり、右足にもしびれのような違和感が出るようになってきた。心配になり整形外科を受診したところ、レントゲン評価では椎間板が狭くなっていて脊柱管狭窄症と診断され、更に詳しく調べる為にMRIを撮ってもらうとヘルニアもあるという診断だった。仕事を辞めた方がいいと言われすごくショックを受けてしまった。リハビリを薦められ通院を続けていたが、症状は一向に改善する事がなく、腰の痛みをかばっていたせいか右膝にも痛みがでるようになってしまった。
飲食店の営業も諦めかけていた時、飲食店のお客さんに花みずきカイロプラクティック院で腰痛や膝痛が治った友人がいると話を聞いた。これからも飲食店を続けていきたいから、レントゲンを使ってしっかり身体を診てくれるところ、痛み止めなどの薬に頼るのではなく根本的に治してくれるところ、通いやすいところ、口コミがいいところ、待ち時間が少ないところ、衛生的なところ(コロナ禍なので)などが決め手となり来院された。
初診の状態
  • 01

    右短下肢

  • 02

    右仙腸関節の可動制限

  • 03

    右膝内側の浮腫

経過と内容
【所見】
SLR(-)
ATR(―・―)
PTR(―・―)
マックマレーテスト(ー)
アプレイテスト(ー)

【体表温度検査】
右SI L2 T8 C5
【視診】
右短下肢
左腸骨稜上方
右耳介上方
L2棘突起皮膚の黒ずみ

【静的触診】
右SIスポンジ状の浮腫
T8くぼんだ浮腫
右腰部起立筋過緊張

【動的触診】
Fix:右SI L2 C5
Hyper:T8

【レントゲン評価】
全体的な側弯
腸骨閉鎖孔の大きさ
全体的に椎間板スペースはD3程度
大腿骨内旋

【リスティング】
右PIEX
C5PLI-La
右膝P-IN

【来院日】
2021年 5/4 5/11 5/18 5/25 6/1 6/8 6/15 6/22 6/29 7/6 7/13 7/20 7/27 8/3 8/10 8/17 8/24 8/31 18回

【経過と内容】
慢性的な腰痛の訴えと骨盤の変位より初期集中期において1週間に2回程度のアジャストメントが必要と判断したが、仕事の定休日にしか来院出来ないとの事で、1週間に1回のアジャストメントで進めていく事とした。
4週目(4回目)のアジャストメントには、腰の痛みが軽減しはじめ、車の乗り降りや寝起きの痛みが楽になってきた。
6週目(6回目)のアジャストメントでは、調理場で立っている時にあった腰の重い感じがなくなってきた。右膝の浮腫もなくなり痛みも軽減してきた。
8週目(8回目)のアジャストメントには、足を組みたくなる事もなくなり、調理の仕事中の腰の痛みを忘れる事が多くなってきた。しかしながら、洗い場での中腰作業は腰の痛みが出てしまう状態が続いている。
12週目(12回目)のアジャストメントには、右膝の痛みもなくなり、フロアで小走りが出来るまで回復してきた。右の起立筋の緊張も緩んできたり、L3付近の黒ずみも薄くなってきたりと、初診時の状態から比べると見た目でも少し変化が出てきた。
18週目(18回目)のアジャストメントには、膝の痛みはほとんどなくなり、洗い場での中腰作業で腰が重くなる事がなくなった。多少の重い荷物も持つ事も出来るまで回復し腰痛の不安がなくなった。
現在では月1回のケアで今まで積み上げてきたものを維持するように、メンテナンスに励んでいる。


考察
今回のケースは右仙腸関節のサブラクセーションによる腰痛と膝痛であった。来院して問診表を記載する際からも足を組んでおり、問診にて確認すると日常でも座ればすぐに足を組む事を繰り返していたようだ。サブラクセーションが起こった原因は姿勢による要因が大きかったと思われる。

一般的に足を組むと骨盤はねじれた状態で体重という負荷が加わり、それが長年続く事で仙腸関節部分で変位を起こす。更には足を組む時には腰椎が逆カーブの状態(正常は前弯カーブ)で座る事になり、腰椎カーブの消失にもつながる。腰椎の生理的弯曲の消失は、腰部の椎間板への負担を増幅する為、脊柱管狭窄症など慢性的な腰痛にもつながる。また骨盤の変位は脚長差の原因にもなり、本来水平である骨盤(仙骨)が傾いてしまう。

今回の患者さんはレントゲン上ではそれほど腰椎カーブの消失は見られないが、座位においては腰部の棘突起が隆起し、黒ずみまでおこしていた。長年足を組み、腰を丸くして座っていた事が原因と推測する。また右仙腸関節のPIEX変位により腹臥位で約1.5cmの右短下肢にもなっていた。この為、右腰部起立筋の緊張や膝に繋がる中部腰椎の変位の原因にもなっていた。

長年続いていた腰の問題も膝の問題も骨盤部の問題であったと推測する。膝のアジャストメントを開始したのは骨盤が安定してきた10週目くらいだが、その段階より前の6週目くらいから膝の浮腫が消え痛みも軽減してきた事が骨盤の重要性を表す。アジャストメントによって脚長差などの物理的な変位が改善しただけでなく、サブラクセーション(根本原因)が取り除かれ、体の情報が脳へ届いた結果、神経の流れが整い症状の改善に至ったと考えられる。病院で薬や電気治療による対症療法で症状が変化しなかった患者さんが、根本原因を特定し正確にアジャストメントした事で症状が変化し、何よりも姿勢の重要性を認識し、姿勢を気を付けた事で早期改善に繋がった一例である。

執筆者孕石 尚志

昭和48年7月 島田市出身
東京世田谷にある東京カイロプラクティック師協会認定の附属治療院でのインターンを経て、2005年7月島田市にて開業。近隣医院と提携したレントゲン評価を導入した正統派カイロプラクティック院として評価され、新規患者の約7割が紹介という広告に一切頼らない口コミによるネットワークを確立。近年、母校であるカイロプラクティック界の名門塩川スクールにおいて、塩川満章D.C.の弟子として、ガンステッドカイロプラクティックの講師として活動中。

症例一覧へ戻る
pagetop